クマの動物研究

世界の猛獣事件を研究中

熊害事件の世界【100年鑑】読んだらきっと後悔する…

これは熊害の歴史。100年の間に世界で起きた被害事例を16件あつめました。

●アメリカの有名な事件
●ギネスに載ったあの事件
●令和の最新クマニュース

熊害事件を専門に扱うクマの動物研究ならではの珍しい事例もご紹介!

日本と海外の熊害ランキング

世の中にはたくさんの獣害事件があります。その中でも凄惨を極めるのがクマ。

人間がクマに襲われると目をそむけたくなるような惨劇になってしまいます。ここでは世界編と日本編にわけて、クマによる被害をひとつずつ紹介していきます。


まずは世界の熊害事件から。
その前に熊という生物について少しだけ触れておきます。

ヒグマ。

立ち上がると3mを超えることもある。全身が筋肉で出来ており、日本と海外ではサイズが違うがだいたい200㎏から500㎏。いま北海道を騒がせているヒグマのオソはグリズリー並みの500㎏級と言われています。

海外の熊害

米国のヒグマはグリズリー(灰色熊)と呼ばれ、悲惨な事故が起きてしまっています。

米国のヒグマは日本のヒグマよりも大きい。エゾヒグマが植物多めの生活をしているのに対して、あちらはたんぱく質たっぷりの鮭やマスが豊富に獲れる環境に生息しているため。

そんな熊事件、まずは寒冷地ロシアから。

ロシアのメンブラー


日本ではライオンやヒグマなどの大型陸上生物を一般家庭で飼育することはできません。
かたやロシアではヒグマを飼うことが可能。
これはそんなゆるい国で起きた事件…。

山で子熊を拾ってきた男性、メンブラーと名前をつけて家で飼い始めた。大変可愛がっていたが子熊はやがて成獣となり、男性を美味しく食べてしまったという話。

ヒグマは大きくなるとある時を境に急激に狂暴になります。
cumacuma-cuma.com




米国のグリズリーマン

次はアメリカの灰色熊。
アラスカにいる灰色熊は世界でも最大種。立ち上がると3m。体重は500㎏にもなります。

アメリカでクマといえばやはり彼でしょう。
ティモシー・トレッドウェル。

世界的に有名なクマ男
彼は危険なグリズリー(灰色熊)に銃も持たず近づき、7年も友達として付き合ってきた。その短すぎる半生は鮮烈で映画の題材にもなるほど。

動物に臆面なく近づいていくその姿は日本のムツゴロウさんを彷彿とさせるものの悲しいことにトレッドウェル氏は最終的にグリズリーに食べられてしまいました。


どんなに仲良くしていても獣である以上、本能をとりさることはできません。クマにとって我々は敵かエサか、どちらかでしかないのです。

グリズリーマンの記事を読む


マイソールの人喰い熊

この事件については発生したのが60年前と資料が少なく、入手できる情報をかきあつめて可能な限りの情報をのせています。

インドのマイソールという大きな都市の近くで一頭のナマケグマが巣を作り始めた。食べ物をとりに人間の畑にやってくるように。作物をあらされてはたまらないと地元住民たちはクマ対策をあれこれ練りますが、段々とストレスを蓄積していくクマ。
そしてついに暴発してしまい…。鋭い爪でさかれた人々の顔から血しぶきが飛びました。
cumacuma-cuma.com



中国の大猫熊


みんな大好きパンダもクマ科です。
「でもパンダは人間を襲わないし草食だし安全安心だよね!」と思われているなら、この記事をぜひお読みいただき、正しい認識をおもちになられることをおすすめ致します。

事件など聞いたことがない?
そもそも野生のパンダは中国にしかいません。世に起こる悲劇は、動物園を訪れてパンダに触れたいと柵をのりこえる観光客の行動が原因であることがほとんど。

柵があるのには理由があります。

パンダが無害なぬいぐるみなら鉄のオリは必要ないですよね…。
cumacuma-cuma.com



スヴァールバル諸島ホッキョクグマ襲撃事件

死の地と呼ばれる北極からはホッキョクグマの事件。英国の青少年探検隊が野外活動のために北極のある島を訪れました。ホッキョクグマは出ないとされた安全な場所にキャンプイン。楽しい夕食を終えて13人の青少年たちは眠りにつきました。

皆が寝静まっていた頃、突如として大きなホッキョクグマがテントに侵入してきます。悲鳴で目をさました少年が隣をみると友人が血だらけになっていました…。
cumacuma-cuma.com




日本の熊害

お次は我らが日本。野性のクマが棲んでいるので悲惨な熊害事件は後を絶ちません。

日本に生息するクマは2種類。ツキノワグマとエゾヒグマ。

ヒグマは筋肉の塊ですから、牛の頭を一撃でふきとばしてしまいます。人間などイチころですね。過去には350㎏の魔物が現れて7人もの人間を食べてしまったことがあります。


三毛別羆事件


日本で最も有名なヒグマ事件といえばやはり三毛別羆事件です。
たった一頭でこれだけの数の人間を殺したヒグマは世界を見渡してみても類がありません。


三毛別羆事件
(サンケベツヒグマジケン)

約100年前の北海道。当時はまだ未開の土地であった蝦夷地を本州からやってきた人々が寒さにたえながら一生懸命にきりひらいていました。ヒグマは元々蝦夷の山や森に暮らしていましたから人間の方から彼らのなわばりに近づいていったということ。

体が大きすぎて穴を見つけられず、冬眠しそこなったヒグマ「袈裟懸け」により村ひとつが壊滅させられました。
妊婦を含めて8人が亡くなるという大惨事に。

▼三毛別ヒグマ事件
cumacuma-cuma.com



石狩沼田幌新羆事件

三毛別の次に被害者が多かった史上2番目の事件です。
石狩沼田幌新事件。
(イシカリヌマタホロシンジケン)


北海道の石狩で祭りの帰り道、男性の集団がいきなりヒグマに襲われました。若い兄弟が山に引きずりこまれ、命からがら逃げだした者たちは近くの民家にたてこもります。
本当に恐ろしいのはそこからでしたー。

野生のヒグマは人間を怖れますが、何かでぐうぜん人間の血の味を知るとエサだと認識し、やがて人間ばかりを襲うようになります。
この事件では5人が命を落としました。

▼石狩沼田幌新事件(前後編)
cumacuma-cuma.com



十和利山襲撃事件


日本史上3番目に被害が大きかった十和利の事故。これは比較的新しい事件なので覚えている人も多いはず。秋田県の十和利山(トワリサン)でタケノコ狩りをしていた人々が、山に棲むツキノワグマに襲われた事件。ヒグマよりも大人しいツキノワグマ。彼らはいったい何故、人間を襲ったのか?

この事件では死人が出ているにも関わらず、山に入る人が後をたちませんでした。人を食べてしまうクマも恐ろしいですが、本当に恐ろしいのは人間の強欲なのかもしれません…。

▼殺されてもなお山に入る人々!
cumacuma-cuma.com



札幌丘珠事件・明治版

4番目は札幌丘珠(サッポロオカダマ)事件です。
丘珠のヒグマ事件といえば明治に起きた事件と令和に起きた事件のふたつがあります。まずは前者から。

明治時代。クマの肉と毛皮欲しさにひとりの猟師が冬眠中のクマを狙って撃ち損じ、目覚めさせてしまった。この後、死傷者5名をだす大惨事になりました。

▼目覚めさせてはならない魔物
cumacuma-cuma.com



札幌丘珠事件・令和版

2021年6月18日。
北海道札幌市に一頭のオスの熊が出没しました。住宅街のど真ん中で人々を次々に襲い、道路に引きずり倒す姿がテレビで放映されました。
熊は逃げ出し、街中を疾走します。平日の日中だったことから警察が巡回し、住民に出歩かないように注意喚起していました。

猟友会と警察に追われた熊が逃げ込んだ先はなんと陸上自衛隊の丘珠駐屯地。入口の門を閉めるも間に合わず、滑り込んだ熊が自衛官を一撃で地面に沈めました。


▼丘珠事件・令和バージョン
cumacuma-cuma.com



福岡大学ワンゲル部ヒグマ事件


福岡大学のワンダーフォーゲル同好会に属していた5人の学生が北海道のカムイエクウチカウシ山に登り、遭遇したメスのヒグマに2日間にわたり追いかけまわされ、3人が犠牲になった痛ましい事件。

山でクマと遭遇した時、どうすればよいかを知っているのといないのとでは生存率が違います。この事件が起きた当時はSNSもネットもなく、地元民以外の人々のヒグマに対する知識は浅かったかもしれません。

しかしそれを考慮してもこのヒグマの、人に対する執着心は異常なものでした。

▼ワンダーフォーゲル同好会事件
cumacuma-cuma.com





風不死岳ヒグマ事件

北海道千歳市の風不死岳(ふっぷしだけ)山麓で山に入った人々がたて続けにヒグマに襲われて5人の死傷者を出した悲惨な事故。
最初に2人がケガをし、ヒグマ出没警報が発令。その後もタケノコをとりに入山する人々がいました。

先の十和利山クマ襲撃事件と同じです。人間の強欲が招いた惨劇。
cumacuma-cuma.com



秋田八幡平クマ牧場事件


発生は9年前と国内の事件としては比較的新しく、テレビ番組アンビリーバボーなどでも取り上げられたので覚えているかもしれません。秋田県の動物園で飼われていたヒグマ6頭が逃げ出し、従業員の女性ふたりを殺害した事件。

動物園で飼われている以上、どんな理由があったとしてもそれは人間の側に責任があります。最終的には猟友会により逃げた全頭が射殺されました。

▼秋田クマ牧場事件
cumacuma-cuma.com



乗鞍岳クマ襲撃事件


番組アンビリーバボーでもとりあげられた前代未聞の事件。

たった一頭のツキノワグマに襲われて10人が重軽傷を負い、中には目を失った人も。悲劇の舞台となった畳平バスターミナルには当日連休中だったため1000人以上が訪れていて、死人が出なかったのが不思議なくらいでした。

cumacuma-cuma.com



OSO18

北海道に2019年頃から現れて放牧牛ばかりを狙う姿なきヒグマ。これまでに2年あまりで55頭の牛が被害に遭いました。

姿をおさめるために設置された隠しカメラにチラリと映ったその姿は体長約3m、推定体重は400㎏。化け物のような巨体にも関わらず人目に触れることなく静かに家畜に近づき、食害する。この賢く用心深いヒグマに牧場主たちは戦々恐々としています。

最初に牛が襲われた場所の地名と足跡の幅が18cmだったことからOSO18というコードネームで呼ばれるようになりました。

cumacuma-cuma.com



札幌三角山クマの巣穴調査事故


2022年3月31日に起きたクマによる獣害事故。ヒグマの巣穴を調査していた市の職員など5人が、中から出てきたヒグマと遭遇!
男性2人が襲われて骨折などのケガを負った。

逃げ出したヒグマ。残された巣穴の中をのぞくとそこには小さな子熊たちが…。

逃げ出したまま巣穴に戻らない母グマ。
残された子熊たちはどうなってしまうのか…⁉
cumacuma-cuma.com



漆黒のRT

2022年6月。北海道知床半島を震撼させているヒグマをご存じでしょうか?

全身漆黒の体毛に覆われた200㎏の魔獣は住宅街に音もなく現れ、飼い犬だけを狙って襲いかかる。これまでに何頭もの犬が犠牲になりました。

母親を人間に殺されたかつての子熊は憎しみの炎を胸の内で育ててきたのでしょうか。成獣となって人里を襲っている。恐ろしいことに未だに捕まっていません。
cumacuma-cuma.com


世界の熊害まとめ

今回は日本と世界の熊害事件を集めました。熊の種類については熊の図鑑があるので参考に。

cumacuma-cuma.com
cumacuma-cuma.com
cumacuma-cuma.com
cumacuma-cuma.com
cumacuma-cuma.com