クマの動物研究

副業ブログと猛獣事件を研究しています。

世界三大獣害事件まとめ【ギュスターヴ・ツァボ・チャンパーワット】の悪魔たち

今日は世界三大獣害事件です。

すなわち。

 

  • ギュスターヴのナイルワニ
  • ツァボの人喰いライオン
  • チャンパーワットの人喰いトラ

 

f:id:cumata-tan:20210929113447j:plain

熊ちゃん

獣害事件って何?

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain

クマ

獣によって人が被害を受けることだ。

 

農作物の被害などはこれに当たらず、人間がケガをしたり亡くなったりした場合をいいます。

 

世界の獣害事件

 

日本で獣害事件といえば熊ですが、世界ではワニ・ライオン・トラがワースト3にランクイン。日本には野生のワニやライオンがいないため被害がありませんが、世界には様々な大型危険生物がいます。それらは人と隣り合わせに棲んでいます。

 

f:id:cumata-tan:20211005114559j:plain

何故、人を襲うのか?

 

これらの三大事件に共通するのは猛獣が意図的に人を襲っているという点。

 

山の中に人が入っていって偶然であい、驚いた獣に攻撃されるというようなものではなく、あちらから人里にちかづいてくるのです。「食べる」という明確な目的のために。

 

f:id:cumata-tan:20210924195528j:plain


に、人間を食べるのか?

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain


そう。もともと食べるようなものではないのだが。

 

f:id:cumata-tan:20210921104745j:plain


なんで食べるようになっちゃうの?

 

戦時中の日本人は犬を食べていたという。あれと同じ。

食べたいものではないが他に食料がない、食べなければ死ぬという状況においてえり好みしている場合ではないということ。

 

f:id:cumata-tan:20210921104743j:plain


我々人間は牛や豚や鶏を食べますよね。

 

ライオンたちも食べます。美味しいからです。

本来はそれが主食であるはずが、何らかの理由で食べられなくなり、しかたなく人間を狙うようになる。生きるためにしかたなく。

 

そうして「人を食べるおぞましいモンスター」になるわけです。

 

f:id:cumata-tan:20211005151609j:plain

ナイルワニのギュスターヴ

 

ギュスターヴのナイルワニは以前に取り上げましたが、300人以上を食べたともいわれる世界最悪の獣害事件です。ブルンジという国の川にすむ巨獣ギュスターヴはひっそりと人の側に近づき水中に引きずりこみ、多くの地元民が犠牲になりました。

 

事件があったのは1990年よりも以前。現地の人々が何度も退治しようと試みましたが、厚い鱗に守られた巨獣には機関銃でさえ効かず、かすり傷をつけただけで失敗に終わりました。

 

6m越えのモンスター

 

ふつうナイルワニの成獣は4mくらいですが、ギュスターヴは6m越え。巨大な体のため自然界のすばしっこい動物をとらえることが困難となり、動きが遅い人間を襲うようになったのではないかと言われています。

 

f:id:cumata-tan:20210921104847j:plain


い…言われている?

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain

まだ捕まっていないから真相が不明なのだ。

 

f:id:cumata-tan:20210918183535j:plain


生きてるの?

 

f:id:cumata-tan:20210918183340j:plain


推定で御年70歳越えだとか…

 

悠久の年を生きる魔物が水の中から人間を狙っている。怖いですね。

 

ブルンジのギュスターヴを読む

 

f:id:cumata-tan:20211005151604j:plain

ツァボの人喰いライオン

 

これは2頭のライオンが架橋工事中の現場を襲い、28人を食害したという事件。

時は1898年。アフリカ大陸で起こりました。

 

f:id:cumata-tan:20210918183335j:plain


アフリカってきくとサバンナのイメージだよ。

 

f:id:cumata-tan:20210918183340j:plain


そうだな。草原のライオンが頭に思い浮かぶな。

 

しかしこのライオンたちはわざわざ人間を狙ってキャンプ場に現れました。

 

人を襲うには理由がある

 

原因はエサ不足です。この年、彼らの主食である水牛が牛疫という流行り病のために減少、ライオンたちは満足に食べられず、やむをえず人間を狙いました。

 

f:id:cumata-tan:20210918183338j:plain


彼らも命がけだ。人間を狙うのはリスクが大きすぎるからな。

 

f:id:cumata-tan:20210918183540j:plain

熊ちゃん

重火器を持っているからね。

 

実際にライオンたちは最後、銃弾に倒れました。

ただそれまでに28人も殺害しており、ツァボで起きたこの殺人ライオン事件は現世において最悪のものとして遠く離れたこの日本でも語り継がれています。

 

f:id:cumata-tan:20211005151607j:plain

チャンパーワットのトラ

 

虎は陸上ではほぼ天敵がいないといわれる大型生物。森に棲み、ワニやオオカミ、鳥やシカなどの哺乳類を食べて暮らしています。肉食であること、食べ物が無い時は人間を襲うという点ではライオンと似ており、さきほどのツァボのように大きな事件が起きています。

 

人を喰う虎

 

物語はネパールから始まります。1頭のトラがジャングルを通る人々を襲うようになり数十人が犠牲になりました。犯人はメスのトラで、被害をくいとめるためにハンターが送りこまれましたが仕留めることはできませんでした。

 

やがて被害者が200人を超え、ついに国軍が投じられます。結果、退治することはかないませんでしたが、ネパールから追い出すことには成功しました。

 

ネパールはそれで助かりましたが、困ったのは隣国。ネパールを追い出されたトラは川を渡ってインドに入り、そこで人間を襲い始めます。

 

f:id:cumata-tan:20210918183543j:plain


チャンパーワットという町で暴れ回ったのだ。

 

この頃、トラは真っ昼間から堂々と人間を襲うようになっていた。もう手がつけられない状態。

 

f:id:cumata-tan:20210921104857j:plain


ひいいいい!

 

生活ができる状態ではなかった。人々は困り果てていました。そこで立ち上がったのが腕利きの英国人ハンター、ジル・コルベット。彼は見事にこのトラを仕留めます。

 

f:id:cumata-tan:20210926181600j:plain


おお!

 

トラの体を調べると歯が折れていた。満足に狩りができずに人間を襲ったのではないかとみられています。このトラに襲われて亡くなった人は少なくとも436名。実際にはもっといるのではないかといわれており、単独の猛獣による事件としてはギネスブックに載っています。

 

f:id:cumata-tan:20210924195551j:plain


トラについてはいくつか関連記事があるので読んで頂きたい。

 

虎の生態とチャンパーワット事件

日本を恐怖に陥れた虎脱走事件

 

以上が世界三大獣害事件となります。

次は日本でおきた最悪の三大獣害事件。