クマの動物研究

副業ブログと猛獣事件を研究しています。

サメを見るならコレ! おススメ図鑑トップ5/クマの動物研究より

f:id:cumata-tan:20210710143743p:plain


こちらではサメ図鑑を紹介しています!

サメ記事を書き続けてまいりました。
自他ともに認めるサメ好き人間・クマ!


「サメを見たい!」という思いから図鑑の購入をしようと思い立ったのですが…。


ぶっちゃけ…。
どれを選べばいいのか分からない。

それまで図鑑なんて買ったことがなかった。
学者が読むような文章ばかりの図鑑に当たるのは困ります。

結果的に買ってよかった図鑑をまとめました。

まずはいちばん良かった!
これが最高。

講談社の動く図鑑【危険生物】

f:id:cumata-tan:20210710155127j:plain


サメをはじめ、ヒグマやスズメバチなどあらゆる危険生物が掲載されています。可愛い犬や猫が見た~い。という方は別のものをお探しください。
※危険生物に特化した図鑑です!


この図鑑が他のものと違う点は、動画がついているということ!


スマホやタブレットで動いている動物たちを見ることができます。自然に暮らす危険生物たちのリアルな顔を間近に見ることができるのはこの図鑑ならでは。

用途でつかいわける図鑑

図鑑は二種類。
通常サイズとミニサイズ。
※中身はまったく同じです。

◎通常サイズはやや重たいので家や職場で見るのに適しています。大きな写真は迫力大!

◎ミニ版はカバンで持ち運べるサイズ。電車やバスでもかさばらずに読むことができ、かといって小さすぎることもないので迫力ある写真が楽しめます。


図鑑の中をチラ見せ

中身を特別に少しだけおみせします。

f:id:cumata-tan:20210710144723j:plainf:id:cumata-tan:20210710144728j:plain


世界に数百いるサメの中で御三家とよばれるサメたち。
人間に被害をもたらす件数が多いホホジロザメ、オオメジロザメ、イタチザメ。もちろん載っています。

f:id:cumata-tan:20210710144737j:plain
ホホジロザメVSシャチ


ホホジロザメとシャチが出会ったらどちらが勝つのか?
ライオンと虎が闘ったら?

こういった動物好きにはたまらないシュミレーション記事が「危険生物」には盛りだくさん。




f:id:cumata-tan:20210709195539j:plain
サメだけでなくオルカも!

オルカも図鑑に載っています。
サメをも圧倒するパワーと高度な知能により、海の食物連鎖の頂点にたつシャチ。その生態について図鑑をのぞき見したい方はこちら▽
cumacuma-cuma.com

他にもたくさんのサメたちが掲載されているのでおススメ!

f:id:cumata-tan:20210710144708j:plainf:id:cumata-tan:20210710144704j:plain

【Amazonプライムのお値段】

ミニ版は税込み1078円
通常版は税込み2200円


対象年齢8歳から大人まで読んで頂けます。
総208ページ。

イラストが多く、はじめて図鑑を購入される・趣味でサメを楽しみたい・分かりにくいのは嫌だという方向け。

写真のようにとにかく動物の顔がよくみえますし、スマホなどをお使いいただくと動画で楽しむことができますので、お子さんと一緒に学習ができます。

f:id:cumata-tan:20210710144759j:plain
お持ちの端末で動物の顔を間近に



クマは動物研究中

動物、とくにサメが大好きで記事を書いています。
そんなサメの人、クマの記事はこちらからお読みいただけます▽
アンビリバボーな動物たち - クマの動物研究