クマの動物研究

副業ブログと猛獣事件を研究しています。

【メンブラー】ロシアでヒグマを飼った男性と飼い犬が骨になって発見された話。

f:id:cumata-tan:20210921120953j:plain

本記事はロシアで起きたヒグマ事件についてまとめたものです。子熊を拾って育てたセルゲイ氏とメンブラーの哀しいお話…。

 

f:id:cumata-tan:20210921104738j:plain

クマ

日本にもいる熊のお話。

 

 2020年、秋。

日本の石川県の市街地に熊が現れたという。さすがに北陸の方は目撃情報が多いですね。

 

その前にも山梨県の民家の軒先で、柿の木にぶら下がったまんま寝ている小熊が発見されました。ツキノワグマの赤ちゃん。

 

f:id:cumata-tan:20210921121055j:plain

▲動物園のツキノワグマ

柿の実でお腹がいっぱいになって寝ちゃったらしいですよ。集まった警官たちの前でぐっすり。木にぶらさがって眠るなんて器用ですね。

 

テディベアとして世界中の人達に愛される熊。見た目は最強。大人になると見た目だけでなく、なにもかもが最強の部類に入るようになる。

 

というわけで今日はクマが地上で最強といわれる理由がよくわかる事件をひとつ。

「ロシアのメンブラー」をご紹介します。

 

f:id:cumata-tan:20210921104855j:plain


メンブラーって何?

 

f:id:cumata-tan:20210308194947j:plain

クマ

ロシアのお宅で飼われていた可愛いクマの名前だよ。

 

それでは本当にあった怖い動物話をどうぞ…。

 

f:id:cumata-tan:20210921122033j:plain

ロシアで起きたヒグマ事件

 

 もしあなたがこれからお家でヒグマを飼おうかなと考えているのなら、ぜひこの記事をお読みいただき、未来の展望にお役立てください。

 

f:id:cumata-tan:20210304175536j:plain

熊ちゃん

いないよそんな人! てか、日本では飼育できないし!

 

日本ではヒグマは飼えない

 

そう。 

現在、日本では虎や熊などの大型陸上生物を個人で飼うことはできません。

 

虎に関しては40年前まで飼えていたのですが、ある人がうっかり逃がしてしまって日本が大パニックになったことがあり、以降は法律で禁じられています。

神野寺虎脱走事件。約40年前の日本で起きた猛獣との恐怖の夏休み

 

f:id:cumata-tan:20210304175530j:plain

飼えていた時代があったのが驚き

 

f:id:cumata-tan:20210210091612j:plain

クマ

虎もだが、ヒグマはもっと無理だよ…

 

ヒグマは、陸上では人間をのぞいて天敵がいないといわれている最強の生物。

いるとすれば虎くらいのものですが、生息域が違うので自然界で出会うことがそもそも少ない。

 

虎をもしのぐヒグマ。身体能力もさることながらその恐ろしい習性ゆえに人間が飼いならすことは不可能でしょう。

 

ロシアでは飼育ができる

 

恐ろしいことにロシアでは許可されているという。

もちろん設備や対策などがしっかりとなされている場合に限りますが、それでもいち個人で飼うことが許されているというのは驚きです。

 

f:id:cumata-tan:20210209094702j:plain


隣の家にヒグマがいるってことだよね。

 

f:id:cumata-tan:20210201144525j:plain


私なら即引っ越します。

 

知っていますか?

ヒグマは民家のドアを一撃で吹き飛ばしちゃうんです。施錠など無意味☆

 

今回の主人公、ヒグマのメンブラーはキチンと檻にいれられていました。それでもおぞましい事件を引き起こした。いったい何があったのか?

 

「ヒグマのメンブラー」ご覧ください。

f:id:cumata-tan:20201025201536j:image

ヒグマのメンブラー

 

ロシア、チェリャビンスク州。

 

山で狩りをしていた男性セルゲイさんが、コグマを見つけて自宅に連れて帰った。

「メンブラー」という名前をつけて、二匹の犬と共に庭で飼い始めた。それがすべてのはじまり。

 

メンブラーに首輪と鎖をつけ、エサは手ずから与え、一緒に散歩もする。

普通にペットとして飼っていた。

 

最初は小さくて、可愛かった子熊。

そのままのサイズでいてくれればよかったが、そうもいかない。

だんだん体が大きくなってきて、性格も獰猛になってきた。

 

地域によって異なるが、ヒグマは成獣で250ー300㎏。

魚が豊富にとれる場所に住んでいる種であれば、500㎏の個体も存在する。

 

f:id:cumata-tan:20210921104736j:plain

クマ

ツキノワグマよりも大きい

 

f:id:cumata-tan:20210921104857j:plain

熊ちゃん

500㎏て車じゃないか…

 

f:id:cumata-tan:20201025201546j:image

セルゲイさんに迫る危機

 

メンブラー、力が強くなるにつれて、とうとう鎖ではつなげなくなった。セルゲイさんもたまらず檻にいれるが安心はできない。他の動物に例えるのもおかしな話だがライオンや虎を飼っているのと同じこと。人間にとっては脅威そのもの。

 

f:id:cumata-tan:20210203160837j:plain


隣の家がこれらのアニマルを飼いはじめたらどうしますか?

 

f:id:cumata-tan:20210210091612j:plain


だからひっこすって!

 

f:id:cumata-tan:20201025201613j:image

ペットからヒグマに変貌する

 

ヒグマというのは人に飼われていてさえ、ある年齢がくると急に野性が芽生える。オス熊の本能にかられてメンブラーは主人を攻撃するようになっていた。

 

セルゲイさんの周りの人たちは、危険だから熊を施設にやるように言った。

が、本人は聞く耳をもたない。

そのままヒグマと生活を続けた。

 

事件の日

 

ある日、セルゲイさんと連絡が取れなくなった。

 

離れて暮らす家族が心配し、警察に相談。

職員が男性宅を訪れるとー。

  

家の前に血痕と、人のものと思われる骨が落ちていた。

 

静けさに満ちた庭。飼い犬が2頭いたが、こちらも骨だけになっていた。

 

檻は破られ、ヒグマの姿がない。

 

警察は熊が男性と犬を食べたものとみて、姿をくらませたヒグマの行方を追った。

 

地面に続く血の跡と大きな足跡。

やがてそのずんぐりとした巨体を発見した。

 

メンブラーはその場で射殺された。

 

f:id:cumata-tan:20201026174322j:image

ヒグマは飼いならせない

 

f:id:cumata-tan:20210304175507j:plain

熊ちゃん

怖っ。どこが可愛いのさ⁉

 

f:id:cumata-tan:20210210091612j:plain


君も熊だろ……

 

たしかに恐ろしい話です。自分を育てた人を食べてしまう…。

起きた出来事だけをみれば「ヒグマは血も涙もない冷淡な生き物なのか!」ということになってしまいます。

が、生物としてみればメンブラーが取ったのはいたって普通の行動。

 

腹が減ればエサをとる。サケや木の実。野山で生きているヒグマたちがそうしているようにメンブラーもまたそうしただけ。 

 

野生のヒグマ

 

野性のヒグマは本来、人間を怖れます。

それは人間が「なんだかよく分からない生き物」だから。

人と関わったことがない熊にとってわたしたちは脅威なのです。

 

だから山でハイカーが鈴を鳴らすと熊たちは避けてくれます。お互いに遭遇を回避することで、人間とヒグマはうまくやってきた。

 

ですがセルゲイさんに育てられたメンブラーは、もちろん人間を怖れたりはしません。

 

その場にセルゲイさんしかいなかったので詳しい状況は分かりませんが、もしも彼が檻から脱走したヒグマを見つけて背中を向けて逃げだしたのだとしたら、メンブラーは当然おいかけたでしょう。熊には逃げる者を追いかける習性がある。

 

f:id:cumata-tan:20210201144525j:plain

クマ

もちろんただお腹がすいてエサまっしぐら。だったとも考えられる。

 

f:id:cumata-tan:20210304175530j:plain


ひいいいい!

 

日本でもそうですが、一度ひとの味を覚えた熊は殺処分されます。

 

そこまでしなくても。可哀想。そう思いますか?

しかしこれは人の安全を守るためにやむを得ない措置。

f:id:cumata-tan:20210921124314j:plain

クマの学習能力が人を襲わせる 

 

「人間は食べられる」と知った熊は、また人間を襲います。

自然界のすばしっこい小動物や魚を捕まえるのに比べれば、人間を捕まえる方がはるかにたやすいからです。

 

人間は数も多いし、まとまって暮らしているから見つけるのも簡単。おまけにかさもある。味はともかく腹は満たされる。

 

人間は弱い生き物でカンタンに捕まえられると学んだ熊に怖いものなどありません。

熊は学習する生き物なのです。

 

それゆえ北海道などのヒグマの生息地では、熊にそのことを学ばせないように徹底的に注意がなされている。人の食べ物を山に捨てない、など。

 

人間の食べ物の味を知ると里におりてきて民家に侵入し、冷蔵庫をあさるようになるからです。まして熊にエサを与えるなど絶対にしてはならない行為です。

 

f:id:cumata-tan:20210921124343j:plain

 

他にもヒグマが目撃された場所には行かない、ヒグマと遭遇しても急に走り出さない、刺激を与えない…。

 

とにかくクマに学ばせないことが大事です。わたしたち人間側が気をつける必要があり、ひいてはそれがクマたちの命を守ることにつながります。

 

今回、亡くなったロシア人の男性には気の毒ですが、彼と彼の可愛いヒグマ、両者が生きられる道はあった筈。残念でなりません。

 

f:id:cumata-tan:20210727155042j:plain

クマ

冒頭のニュースに登場したコグマちゃん。

 

こちらは人に危害を加えていないということで捕獲後、山に帰されたそう。

良かった良かった。

 

   

 

 

 

お読みくださりありがとうございました。熊の動物研究では他にもヒグマとのトラブルをはじめとする動物事件を多数とりあげています。

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com