クマの動物研究

動物事件とブログ初心者を研究中

Googleアドセンスでいくら稼げるか。月に一万、必要なPV数は?

 

今日は2回もクリックされている。

なのにうまい棒一本も買えない額。

どないなっとんねん。

何の話か?

 

Googleアドセンスです。

 

 f:id:cumata-tan:20210218204928p:plain 

 

クマはあまりGoogleアドセンスの記事は書きません。

合格前は書いていましたが、最近はご無沙汰。

 

クマだけではありません。ブックマークなどを見渡しても、アドセンス審査の記事は多いのに受かった後の記事は少ない。

 

Twitterでもそう。

「合格しました!」とか「十回目です、落ちました…」とかいう報告ツイートはよく見かける。

そして受かったばかりであろう、「初収益が出ました!」ツイートも。

 

初々しいなあ。

頬がゆるみます。数か月前までクマもそうだった。

 

クマは「収益報告」以外ではアドセンスのことは書かなくなった。

Twitterの同期ブロガーたちもアドセンスに関してはほとんどツイートしない。

 

わかる気がする。

みんな聞いたら答えてくれるのかもしれない。

でも自分からはわざわざ言わない。

そのことに触れないのが吉だから。

目をつけられないために。

誰に?

 

アレです。

わざと「うおおおお」と親の仇のように広告を連打するアレ。

連打されたサイトはGoogleから広告配信停止の措置を受けます。

怖いですね。気をつけましょう。

 

ということで誰もそのことに触れないわけです。

触れている人はプラグインをいれるなり対策をしているのでしょう。なんにせよ、怖い話です。

 

Twitterにはブロガーが多いので…、頭角を現してきた新星ブロガー、アドセンス収益に関するツイートをくり返している初心者さんが標的になることが多いようです。

後者はともかく…、出る杭は打たれる的な?

怖い。怖いよブログ界!

 

今のところクマはその心配がないので書きます。

でも怖いから今日だけね。

というわけで。

 

かいえーん!

 

え?

ここまでが前書きか、ですと?

そうですよ。

 

長い?

ふふ。さてはお客さん、初めてですね?

うちは長いですよ。覚悟してください。こういう要らん文章が多いので。

 

f:id:cumata-tan:20210217150544j:plain

誰の手でしょう?


 

 

Googleアドセンスに関して分からないこと、多くないですか?

クマは未だに首をひねることが多く、よくググる。

今日はそのググった項目を並べたててみました。

 

 

 

 

自動広告

 

自動広告。

Googleアドセンス側にぜんぶお任せ♡にする機能。

自動で場所を決めて広告をのせてくれます。便利は便利。ただ。

丸投げにはしない方がいい。

 

オンにしたことがある方はわかると思うのですが、「ええっ。なんでこんな所に⁉」という場所に広告が現れるのです。

 

●クマと熊ちゃんの会話に割り込んでくる。

 

f:id:cumata-tan:20210210091616j:plain

クマ

邪魔だ。KWか。

 

●広告連チャンで思わずクリックしそうになる。

 

f:id:cumata-tan:20210209094634j:plain

熊ちゃん

危ない!

 

●コメント欄の中。

 

f:id:cumata-tan:20210204180124j:plain

クマ

そこだけは勘弁してくれええ!

 

なので…クマは自動広告で載せる場所を制限しています。

ほうっておくとどこでもここでも出没するので、9か所のエリアを削除。いまご覧いただいている画面内で自動広告は3か所のみ。あとは手動です。

 

ヘッダーの下やサイドバーなどは最初に貼れば後はほったらかしでOKなので手動でいいのですが、記事中はそうはいきません。

記事を書くごとにアドセンスのコードを貼りつける。こんな面倒くさいことは無い。

そこは自動広告が便利。

 

まだやったことがない方は、Googleアドセンスの「広告」「サマリー」→「✎編集」でカンタンに操作することができますので試してみてね。

クマは色々ためしてみてこれに落ちつきました。

 

f:id:cumata-tan:20210215073105j:plain

自動広告で収入はアップする?

 

これはそのサイトにもよるので断言できません。

ただクマの動物研究に限れば「アップしませんでした」。

クリックされたのはいずれも手動広告。

 

クリック単価が安すぎる!

 

そのクリックも問題。

冒頭でぼやいたように今日は2回もヒットがあった。

にもかかわらず、うまい棒のひとつも買えない。

どういうことなのか?

 

1クリックいくらかは一律に決まっているわけではない。

あなたのブログとお隣のブログでは金額が違うのです。

ではこの金額、どうやって決まるのか?

 

入札で決まります。

表示される広告にはいろいろありますよね。本だったり、ゲームだったり、保険や金融から食べ物まで。ジャンルは多岐にわたり、その数だけ広告主がいる。

広告主が「このブログなら、このくらいね~」と金額を提示し、我々のサイトに表示される広告とその単価が決まるわけです。

 

f:id:cumata-tan:20210221183141j:plain

クマと熊ちゃんのブログ



サイトと場所でも安くなる

 

安くなる理由は他にも。

単価が低い「サイト」がある。「場所」がある。

 

まず「サイト」。

人気でPVもスゴイ神ブログと新人クマのブログ。

あなたが広告主ならどちらのサイトに広告をのせますか?

 

どちらのサイトがより物が売れそうですか?

当然、神ブログですよね。

多くの人が見るサイトは当然、売れますから広告主が集まります。

人が集まる場所にはお金も集まるのです。

 

次に「場所」。

サイドバーは低いとかいいますが…。

記事中でも低くなる場合があります。

それは誤クリックを招きそうな場所。

 

たとえば記事と記事の間。読者が間違えて押してしまいそうな場所です。

もし間違えてクリックしたら読者はすぐに引き返すはず。

成約率ゼロ、誤クリックが多い、そうGoogleが判断したら最悪、無効化されます。

これは非常にもったいないですから確認しておきましょう。

 

f:id:cumata-tan:20210217150537j:plain


 

単価をあげるには

 

シンプルに言います。

金融・婚活・旅行・趣味(車など)で特化型ブログを作ること。

まずこれらのジャンルは単価が高いです。

そしてサイトを訪れる人はそのジャンルに深い興味を抱いているので、当然のことながら成約率も高くなります。

 

広告主の立場になってみましょう。

あなたが車屋さんならどんなブログに広告をのせたいと思いますか?

車関係のブログではないでしょうか。

お金を払ってまでスイーツのブログに載せようとは思いませんよね。

 

10,000円を稼ぐには?

 

うまい棒で1000本分を稼ぐには、どのくらい見られる必要があるのでしょう。

何PV、必要になるのか。

これは個人個人のクリック単価が違うので一概には言えないのですが、一般には月に50,000PVが必要になるようです。

 

 

クマはGoogleアドセンスの本で勉強しています。

より詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。お読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 ⇩bloggerで2021年2月19日書いたばかりの新記事です。合わせてどうぞ。

kumano-monooki.blogspot.com