クマの動物研究

副業ブログと猛獣事件を研究しています。

クマに食べられたグリズリーマン前半。悲劇のはじまりはクマとの出会い。

これまで日本のヒグマ事件について取り上げてきましたので、ここらで世界に目を向けてみたいと思います。

アメリカで起きたヒグマ事件をご紹介。
灰色熊に食べられた男性の話。

f:id:cumata-tan:20210604164846j:plain

灰色熊とは

アメリカに生息するグリズリー(灰色熊)。日本にいるヒグマと元は同じ種類。日本のそれとは体格が違い、成獣は300キロから500キロにもなる。脂肪たっぷりの鮭や木の実など、すみかである川辺や森にエサが豊富にあるから。

グリズリーマン

グリズリーに魅入られ、生息域で活動していたアメリカ人の男性。クマを保護する団体の代表をつとめるほどのクマ好きでグリズリーマンとさえ呼ばれた。

クマが好きすぎると、最期はこうなってしまうのかもしれません…。

f:id:cumata-tan:20210815175757p:plain


クマ男と呼ばれるほどクマが大好きな男がいました。その男は何年にもわたり、クマと付き合ってきました。

クマと人間は心を通わせることができる。
そう信じて、男は通常では考えれないほどの近い距離で危険なクマに接していました。

そして…。

男の最期は映画にもなるほど壮絶なものでした。

男の名は

彼の名前はティモシー・トレッドウェル。アメリカのクマ愛好家。
クマの保護団体『Grizzly People』の創始者。
こよなくクマを愛し、彼らを守ることを仕事にしていた。

2003年10月6日、アメリカ合衆国アラスカ州カトマイ国立公園内で亡くなった。死因はクマの攻撃。46歳という若さだった。

ティモシー・トレッドウェル


彼はカトマイ国立公園にいた13年の間、毎年ハイイログマと夏を共に過ごしていた。

しかし13年目となる2003年10月5日。

パーク内の川で、恋人のエイミー嬢とともに鮭をとるグリズリーを撮影している最中に襲われたとみられてる。現場には彼が死ぬ間際まで回していたカメラが残されており、2人のものと思われる悲痛な肉声が収録されていた。

異変を察知した彼の仲間が現場の川べりに到着した時、2人の姿はなくただヒグマがうろついていた。

周囲を探索していると、人間の遺体の一部分がいくつか落ちているのを発見。

ティモシーと恋人のエイミー。
2人は熊に食べられたものと推定された。

f:id:cumata-tan:20210815181535j:plain

ティモシーの歩み

ニューヨーク州で生まれたティモシーは最初はふつうの高校生だったという。学校では水泳が得意でスター選手。動物が非常に好きでリスを飼っていた。

大学に進むも何があったのか薬に手を出し、ヘロインの過剰摂取で危険な状態に陥る。

その次は酒に溺れた。

薬物中毒のおかげでアルコール中毒から抜けだせたと、本人は後に語っている。

子供の頃から動物好きだったティモシーは熊を見るためにアラスカに向かった。

f:id:cumata-tan:20210223193147j:plain

自然が広がる国立公園。

そこで見たことを彼は本にまとめている。

野生の熊との初めての遭遇で、人生を賭けた仕事と言うものを見つけた。


野生のクマと出会って開眼した

確かに運命の出会いには違いなかった。
この出会いがなければ彼はグリズリーに食べられることはなかったのだから。

この出会いがティモシーを酒から立ち直らせ、仕事をもたらし、そして悲劇の死が待つ道へと誘ったのだ。


後半に続きます。
cumacuma-cuma.com