クマの動物研究

動物事件とアフィリエイトブログを研究中

【記事の書き方】ラインティング技術不要。初心者が劇的に読みやすい文章にするコツ。

今週のお題「おうち時間2021」

 

はてなブログでは今週のお題というタイトルで記事を募集しています。

これはそこに投稿したものでブログを書いている人むけ。

 

家でいる時間が増えたしブログを始めてみたけど、うまく書けない。

文章がヘン…。

作文以外、書いたことがない…。

 

とお困りのあなた。

もう大丈夫。ふだん本を読まない方でも、文章なんか書いたことがなーいという方でも分かりやすい文章の書き方をお教えします。

 

特別な技術は必要ありません。

知ってほしいのは三点だけ。

サクッと説明しますのでパパッと覚えて、ご自分のブログに生かしてください。

f:id:cumata-tan:20210410182356j:plain


 

 

【書き方三点】

 

 

 

改行はこまめに

 

今の時代、ブログはスマホで読まれることが多いです。

スマホユーザーから見て「読みやすい」ことがいちばんですので、そこだけは意識してみてください。

 

読みやすさで定評がある市川海老蔵さんのブログ。

その記事はこまめに改行されています。

 

 

文章と文章の間が、かなりとられている。

 

 

こんなふうに。

 

 

SEO的にはあまり行間をとりすぎるのもよくないと言われますが…。

Googleはユーザーファースト。

そして今や多くのユーザーがスマホです。

 

いいかえるならスマホ・ユーザーファースト。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、そのくらいに思っていてもいいのではないでしょうか。Googleの方針としてもそれに近いことは理念をみれば分かります。

 

情報を探すのはパソコンの前にいる時だけではない。

引用:Googleの10の事実

 

f:id:cumata-tan:20210326214611j:plain

長文は読みにくい

 

スマホからみて読みやすい記事。

わかりやすいサイトが評価されます。

 

Googleの目を意識するなら、行間をつけた方がいいのかなという結論です。

 

では、どこで何行分つけるのか。

それはスマホから自分の記事を読んでみてください。

 

あ、ここは文字が詰まっていて読みにくいな。

と感じたらそこが空けるべき場所です。

 

長文は読みにくいです。魅力ある文章、読者にとって重要な情報であればどれだけ長くても読むかもしれませんが、長文ばかりが続くと疲れてきます。

 

疲れてくると読者は途中離脱します。

それを防ぐには?

 

読者をどうしたいのかを考えましょう。

この点については最後に説明します。

 

f:id:cumata-tan:20210410221717j:plain

漢字は少なく

 

行間はこまめに。漢字はすくなく。なるべく分かりやすく。

 

これは文庫でもよく使われる手法です。

漢字漢字漢字では文章がカチコチになります。かたい。

読めない漢字が続くと嫌気がさしますから難しい漢字・言葉は使わないのが吉。

 

ではどの程度の漢字を使えばいいのか?

だいたい小学生四年生~中学生が読める文章が理想です。

もちろん法律や医学など専門ブログはこの限りではありません。

うちのような、はば広い読者層をのぞむサイトのお話です。

 

f:id:cumata-tan:20210128162245j:plain

ひらがなとカタカナを使おう

 

ちょっと人気のブログを読んでみてください。

漢字を使っていないことに気がつきます。

 

●ぜんぜん使っていないわけではなく、ところどころヒラガナにしている。

 

 

そのくらい読めるわ、というカンタンな漢字でも平仮名やカタカナ。

わざとそうしている。

だって…。

 

 

●全然使っていない訳では無く所々平仮名にしている。

 

……読みにくいでしょ?

 

   

 

単語の途中で改行しない

 

単語の途中で改行しない。 

どういうことか。林檎は赤い。赤い林檎。

こういう事です。

(スマホで見ると分かる)

 

写真もいれてみる

 

以上が書き方三点となります。

とてもカンタンなので意識してみてください。

 

ちょっと変えるだけで劇的に読みやすくなります。

あとは…。

 

もしあなたの記事が文章のみなら、話と話の間に写真やイラストをいれることで変化がついてさらに分かりやすくなりますよ。

写真は写真ACで無料でゲットできます。

無料イラスト素材【イラストAC】 

f:id:cumata-tan:20210504101604j:plain


 

読者を誘導してあげよう

 

あなたのサイトを訪れたユーザー。

何を求めているのでしょう。

 

記事を読んでいるということはその内容に興味があるということ。

なら関連記事も読んでもらいましょう。

1ページで帰らせてはいけません。

 

関連記事をはりつけて次に誘導しましょう。

疲れないように気をつかってあげましょう。

どこにいけばいいのか分からないという状態にしてはいけません。

 

手をひいて「こっちですよ」と導いてあげましょう。

そうすることでサイトの回遊率があがります。

 

滞在時間が長い・ビューの多いサイトはGoogleの評価が高くなります。

読者に尽くすことはひいては自分のためになる。

 

ユーザーに焦点をしぼれば…*1です。

頑張ってください。

 

 

次は「ブログの検索流はいつから増えるのか」

 

 

 

 

*1:ユーザーに焦点を絞れば他のものはみな後からついてくる。Googleの10の事実より