クマの動物研究

副業ブログと猛獣事件を研究しています。

茨木の大洗サンビーチ海水浴場で男性がサメに襲われ、21針ぬう大ケガを負った

茨木でサメ事件!

茨木県の大洗町(おおあらいまち)の海岸でサーフィンをしていた50代男性がサメらしき海洋生物に襲われ、ふくろはぎなどを噛まれた。

f:id:cumata-tan:20210723161127j:plain

2021年7月20日午後三時ごろ

大洗サンビーチ海水浴場で男性がサメらしき生物に襲われたと通報があった。サーフィン中に襲われた男性はふくらはぎやかかとなおどを噛まれており、救急搬送された。

見ていた人によると。
「歯形がサメみたいだった。血がでていて歩ける状態ではなかった」とのこと。

男性は21針縫う大怪我となりました。

サンビーチ海水浴場では海開きの予定でしたが、安全が確認されるまでは延期となり、現在は遊泳禁止。

大洗町は7月21日午前、防災ヘリで付近の海を捜索するもサメの姿は確認できず。
海水浴場にサメが入ってこれないように防護柵を設置しました。

防護柵

船で遊泳可能エリアを囲むようにサメよけの網を設置します。網の
中では安全に泳ぐことができます。

f:id:cumata-tan:20210723163914j:plain
イメージ

サメは2021年7月23日時点でまだ見つかっていません。