クマの動物研究

世界の猛獣事件とブログを研究中

消防署の出初式とは。燃ゆる江戸で生まれた火災復興のシンボル。

f:id:cumata-tan:20220109170931j:plain



f:id:cumata-tan:20220109170943j:plain

 

f:id:cumata-tan:20220109190727j:plain

クマ

東京消防庁の出初式は迫力があるなあ。

 

f:id:cumata-tan:20211230205654j:plain

熊ちゃん

車がたくさん出てカッコいい!

 

 

今日は出初式(でぞめしき)について。後ほど詳しく解説していきます。

f:id:cumata-tan:20220109170957j:plain

 

今度は海で放水訓練。

 

f:id:cumata-tan:20220109190633j:plain

野次馬

おおおー。

 

f:id:cumata-tan:20220109171432j:plain

 

f:id:cumata-tan:20220109190718j:plain


うおおおー

 

f:id:cumata-tan:20211230205719j:plain

熊ちゃん

消防艇の放水もすごいねえ。

 

f:id:cumata-tan:20220109172139j:plain

 

f:id:cumata-tan:20211230205719j:plain

熊ちゃん

あ~写真ACは見応えがあった。ところでデゾメシキってなんだ?

 

f:id:cumata-tan:20220109190727j:plain


ばらすなよ。仕事始めの行事さ。毎年各地でやってる。

 

あなたのお近くの消防署でも今朝やっていたかもしれません。一般的には1月6日にやることが多く、日にちは署により多少前後するようです。

 

というわけで出初式について解説していきます。日本の消防署で新春に行われるイベント。会社でいうところの新年の朝会のようなものです。

 

   

f:id:cumata-tan:20220109211011j:plain

出初式

 

日本の消防関係者により一月初旬に行われる仕事始めの行事。元は江戸時代の火消により行われていた。

 

f:id:cumata-tan:20220109190732j:plain

クマ

冬は火事が多いから気合いれてこーぜ! 的な集会だったんだ元は。

 

f:id:cumata-tan:20211230205703j:plain

熊ちゃん

放水するための儀式じゃなかったんだね。

 

現代では放水や避難救助などの消防演習。はしごのり、木遣り歌などの伝統技能の披露、消防車のパレード、また消防隊の功労者に対する表彰などが行われています。

※地域により内容は様々。

 

出初式はいつ始まった?

 

出初式はいつから行われているのでしょうか。江戸時代、万治2年1月4日、上野東照宮で火消により行われたのがはじまりと言われています。

 

f:id:cumata-tan:20211230205719j:plain


火事と喧嘩は江戸の華!

 

f:id:cumata-tan:20220109190729j:plain

クマ

そう揶揄されるほど燃えやすい町だったんだ。世界をみてもこんなに何度も景気よく燃えた町は無いんだよ。

 

f:id:cumata-tan:20211230205607j:plain

熊ちゃん

そうなのか? 華じゃなくて恥じゃないか

 

f:id:cumata-tan:20220109195020j:plain

江戸時代に始まった

 

町民にとってある種のイベントでもあり、対岸から紅葉を見物するように火事をみていたとも言いますが、幕府にとっては頭痛の種でした。

 

f:id:cumata-tan:20211230205654j:plain

熊ちゃん

対岸の火事ってそういう?

 

f:id:cumata-tan:20211230205700j:plain


燃えているのが自分の家だったら見物どころではないだろうが。

 

何とかしなければと幕府は「火消」を作ります。現代でいう消防団ですね。

 

f:id:cumata-tan:20211230205654j:plain


火消っていうと「め組」の辰五郎。

 

f:id:cumata-tan:20220109190727j:plain


そういうイメージだよな。町の火消しっていう。でも最初はお侍さんがやってたんだよ。

 

f:id:cumata-tan:20220109192902j:plain

武家火消と大名火消

 

最初に作られたのは武家火消。武士による火消で、その後に大名火消が誕生しました。

 

f:id:cumata-tan:20211230205629j:plain

熊ちゃん

だいみょーひけし…?

 

f:id:cumata-tan:20220109190727j:plain


有名な所に赤穂藩があるな。「忠臣蔵」知ってるか?

 

f:id:cumata-tan:20211230205634j:plain


もちろん赤穂四十七士!

 

f:id:cumata-tan:20220109190727j:plain


討ち入りの時の装束は火消し装束なんだよ。赤穂は大名火消だ。

 

江戸城で刃傷沙汰に及んだとして切腹を命じられた浅野内匠頭、のおじいちゃんは大名でありながら大きな火事の現場に自ら飛び込んでいって延焼を防いだ。いわば火消し界のヒーロー。

当時火事に頭を悩ませていた幕府が彼を招いて相談した結果、生まれたのが大名火消。

 

明暦の大火に武家火消敗れる

 

大名が率先して町の消火活動にあたっていた時代。

大きな転換期となったのは明暦3年に発生した明暦の大火。

火勢をくいとめることができず、江戸城の天守閣を含む江戸の大半が焼失。3万~10万と推定される犠牲者を出し、江戸の歴史上最大の被害となった。

引用元:By 田代幸春 - 戸火事図巻(江戸東京博物館 Edo-Tokyo Museum :収蔵品), Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10490659

明暦の大火で公務員版が誕生

 

f:id:cumata-tan:20220109190732j:plain

クマ

これで武家火消では対処できないことが明らかになり、幕府は制度を変更する。

 

翌年の万治元年、幕府直轄の消防組織「定火消」を制定。

旗本から4人の男を選び、与力や同心を36人をつけて幕府直轄の組織とした。

 

大名にだけ任せるのではなく幕府でも火消しを作ったんですね。

 

f:id:cumata-tan:20211230205612j:plain


公務員だからじょーびけしは東京消防庁のモトみたいなもんだね。

 

出初は復興のシンボル

 

翌万治2年1月4日。

東京消防庁のモトが上野東照宮に集まって気勢を上げた。この行動は出初と呼ばれ、大火後の復興作業に苦しんでいた江戸の民に大きな希望と信頼を与えた。

 

f:id:cumata-tan:20220109190727j:plain

クマ

これが出初式の由来だ。

 

f:id:cumata-tan:20220109192508j:plain 出初式の由来のまとめ

 

町民による火消、町火消が生まれるのはこれよりもずっと後の徳川吉宗の時代。腹心である大岡忠相が主導し、町を30区分に分けて48組の消防団に担当させた。そのひとつがみんなよく知る「め組」です。

 

というわけで今回は出初式について解説しました。

冬は空気が乾燥しているので火には気をつけましょう。

 

 

 

 

f:id:cumata-tan:20211230205620j:plain

熊ちゃん

いま思ったけど明暦3年の次が万治元年って。明暦やけに短くないか?

 

f:id:cumata-tan:20220109190727j:plain


明暦の大火のせいだよ。縁起が悪いから改号したんだ。昔は天皇が存命でも好きに変えられたんだ。

 

 

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

f:id:cumata-tan:20220109195530j:plain