クマの動物研究

副業ブログと猛獣事件を研究しています。

売上がアップする【記事の構成】特別テンプレート付き。

ようこそ、みんなの売れたいクマブログへ。

 

f:id:cumata-tan:20211001180042j:plain

熊ちゃん

みんなのっていうかクマさんが売れたいんでしょ。

 

そんなことはありません。クマは無欲ですから大金が欲しいなどと考えたことは一度もありません。ただ慎ましい生活を送るために10億ほど欲しいだけ。

 

 

f:id:cumata-tan:20210926181539j:plain

熊ちゃん

欲深!

 

f:id:cumata-tan:20211009162047j:plain

クマ

褒めないでよ、照れるでしょ~

 

 

冗談はさておき、今日はガゼン★ブログで物が売れやすくなるコツをお話しします。

 

物やサービスを紹介しているのにぜんぜん売れないよ?

楽天やAmazonのあのグラフって本当に動く日がくるの?

わたしだけ止まっているんじゃないの?

 

と疑心暗鬼になりまくっているあなたへ。

 

0→1にしてみせましょう。

これを試してもなお数字が動かない場合はご相談ください。

 

※売れない人のための記事ですので毎日ウハウハだぜ★いえい★という方は見遠慮ださい。

 

f:id:cumata-tan:20211001180040j:plain


はいはい売れてません!

 

f:id:cumata-tan:20210929112921j:plain


嬉しそうに…。

 

 

物を紹介しているのに1個も売れない

 

今回は売れる記事の書き方「構成編」です。

セールス記事にはセールス記事の書き方があります。それを今回はご紹介。

 

   

f:id:cumata-tan:20211020141402j:plain

 

ブログの知識はもういい!

それより売り方だけ教えてくれえええというあなたのための記事です。

 

この先は見逃し禁止。

読んでくれたあなただけのもの。

ぜひ隣の人には内緒であなたの記事に生かして売上アップに直結させてください!

 

f:id:cumata-tan:20211003171656j:image

 

金箔の章~0→1に~

 

さあ、金箔の章でございます。

 

あなたのキラーページ。どんな構成になっていますか?

しょっぱなから商品の紹介をしていませんか?

 

f:id:cumata-tan:20210926181533j:plain


えっ…ダメなのか?

 

f:id:cumata-tan:20210924195554j:plain


相手の顔がみえないからやりがち。

 

商品リンクを置くのはまあいいんですが、記事冒頭からいきなり商売を始めてしまうとどうなるか一緒に考えてみましょう。

 

 

 

イメージしてみてください。

あなたは店主です。

お店にお客さんが入ってきました。

 

f:id:cumata-tan:20211020142625j:plain



f:id:cumata-tan:20211012090621j:plain


置物を買いたいのだけど可愛いのあるかな?

 

f:id:cumata-tan:20211012090639j:plain

店員

いらっしゃいませお客様こちらの置物を買ってください!

 

入店してすぐ店員が猛然と売りつけてくる店。

いかがでしょう。

 

f:id:cumata-tan:20210926181533j:plain


うっ…嫌だな…。

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain


ね。お客さんもそう感じるんだ。

 

買う気があっても引いてしまう。

記事を読まずに出ていく。

こうなるともう記事のよしあしの問題ではありません。悩みがどうとかではない。

 

だって読まれていないんですもの…。

 

黄金のテンプレ

 

結論から言いますが構成はこう。これが基本。

 

  1. お客さんの悩み
  2. 悩みを解決する

 

じゃどこで商品を売るのよとなるのでもう少し深掘り。

 

 

  1. お客様の悩み
  2. どういう悩みか
  3. 悩みの原因
  4. 解決方法を提示
  5. なぜその方法なのかを説明
  6. 商品紹介

 

f:id:cumata-tan:20211003173905j:image

 

この順番で書いてみてください。

とりわけ大事な部分は赤くしましたよ。

 

 

お客さんの気持ちになってみよう

 

お客さんが知りたいことって結局このふたつなんですよ。

 

  • 「自分の悩み」が書いてあるか
  • 答えが書いてあるか

 

他人の悩みではダメなんです。

状況、時、なんなら悩む理由も同じであればなおよい。

あ、これわたしの悩みだ、わたしのために書かれた記事だ!

 

似たような悩みではダメなんです。

ぴたりとはまるものでないと。

 

(例)これはわたしの悩みだ!

 

f:id:cumata-tan:20210924195554j:plain

たとえば…可愛いアイコンの書き方が知りたい。

 

f:id:cumata-tan:20211001180042j:plain

あなた

可愛いアイコン書きますよ、いかが?

 

 

これではダメなわけです。

 

お客さんは可愛いアイコンがどこで手に入るかを調べているわけではない。可愛いアイコンを書くコツ的な記事を求めている。

 

f:id:cumata-tan:20211001180042j:plain

あなた

クマやウサギを可愛く書くコツからアイコンにする方法まで網羅!

 

f:id:cumata-tan:20211003175314j:image

 

f:id:cumata-tan:20210924195551j:plain


クマのための記事だ!

 

こんな風に…。

 

ぴたりとはまるように悩みの部分はできるだけ明確にしましょう。

お客さんが冒頭部分をみて「わたしの悩みが書いてある」と分かるように。

 

f:id:cumata-tan:20211003193351j:plain

答え(解決策)を提示した理由を書く

 

解決策そのものより、なぜその方法がベストなのかを細かく丁寧に伝えること。

他にいい方法があるかもしれないと思えばお客さんは離脱してしまいます。

それでは困りますよね。

 

あなたの説得力が問われます。

 

f:id:cumata-tan:20210924195556j:plain

熊ちゃん

説得なんてムリだよ、文章力ないし!

 

大丈夫。

 

大事なのはお客さんに未来をみせること。

悩みを解決するとどうなるのかを見せることです。うまい言い回しより1枚の写真が物を言う場合もある!

 

そう、「レビュー」です。

 

あなたの体験談。

商品やサービスを実際に使うシーンを写真や動画で見せる。

 

使うとこうなりました(便利になりました、苦痛がなくなりました、など)と伝えましょう。うまく文章が書ける必要はありません。友達と話すような感覚でもいいのです。

 

むしろ…それがベスト。自分が使ったことも無いものを友達にいい加減なことを言って紹介したりしませんよね?

 

Aの商品は本当にいいのよ~! 超便利!

Bの商品? だめね。役に立たない!

だんぜんAよ!

 

これがAの商品をおすすめする理由になります。Bを使ったことがあるからこそAを支持する。説得力がありますよね。

また、こんな風に熱弁できるくらい詳しい物を選びましょう。

 

f:id:cumata-tan:20211003193428j:plain

商品説明はいちばん最後に

 

悩み系の記事において商品説明は基本最後になります。

お客さんが買いたい、どこで手に入るのかなと思っていれば買ってくれます。

 

が…。

 

この時も売りこみはしないようにしましょう。

売りこめば売りこむほどお客さんに引かれます。

 

 

売りこむほどに売れなくなる

 

商品説明はあくまで情報提供です。お客さんの知りたいことであり、ブロガーは情報をギブしているにすぎない。

 

では売りこみとは何なのか?

 

 

 

 

f:id:cumata-tan:20210926181541j:plain


広告だ!

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain

クマ

そう。お客さんが最もうざいと思うもの。

 

広告の大きさに注意しよう

 

広告。

これが大きいと「買ってえ」感がある。

 

コツは小さなバナーを使う、またはテキストにする。極力目立たせない。売りこまない(売っているんだけどお客さんが欲しいなら…と消極的なくらいが◎)。

 

f:id:cumata-tan:20210924195528j:plain


目立たないと買ってもらえないんじゃ?

 

大きかろうが小さかろうが買う気のある人はクリックします。

広告は小さいほど「買ってえ」感が減るのでお客さんも抵抗がなくなる。

 

大事なのは、いやらしいなこのサイト、と思わせないこと。

 

最後にもうひとつ。

広告は記事中3か所に。

 

冒頭部分、中盤、最後。

これは読者様が最後まで読まないことを想定してです。実際、すぐに悩みを解決したいお客様は冒頭でもリンク先に飛ぶことがあります。

 

f:id:cumata-tan:20210926181555j:plain


せっかちだなあ。

 

そんなせっかちさんのために冒頭にそっと置いておきましょう。

 

f:id:cumata-tan:20210924195554j:plain

クマ

できるだけミニマムにしてね。

 

f:id:cumata-tan:20211003193835j:plain

まとめ

 

この記事のおさらいです。

 

  • 構成は順番通りに
  • ギブギブギブ精神!
  • 広告は極力ミニマムに

 

とくに構成は大事です。

悩み系の記事で先に商品説明されて広告バーン! ではお客さんは押し売りされている感がパないので、気をつけたいところ。

 

お客さんが知りたいことぜんぶ、先に伝えましょう。

 

f:id:cumata-tan:20211012090621j:plain


もうええわ、お腹いっぱいや、ありがとう! ところでそれはどこで手に入るの⁉

 

とお客さんが言いたくなるくらいまで説明しきったら商品説明。

 

リンクだけはいつでも買えるように数か所に置いておく。

(記事が短い場合は最後だけでもOK)

 

本日は以上になります。

はじめて知ったわ! という部分がありましたらば、ぜひ戻ってあなたのブログに生かしてください。そして隣の人に差をつけてください。

 

合わせて読みたい記事

 

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com