クマの動物研究

世界の猛獣事件を研究中

ひとりの読者にすべての記事を読んでもらう方法

f:id:cumata-tan:20210924201907p:plain

 

雑記ブログでアクセスが欲しい。またはカネ、いや、お小遣いが欲しいというあなたにクマが提案します。

 

検索から来たたったひとりのお客さまにあなたのサイト内の記事すべてを読んでもらいましょう。

 

f:id:cumata-tan:20210924195523j:plain

熊ちゃん

ええ、ひとりで3pvも⁉

 

f:id:cumata-tan:20210924195547j:plain

クマ

さ、3記事なのか全部で? 半年書いてて…

 

何記事でもいいんですよ。検索流入さえあれば。

何PVでもいいんです。少ないアクセスを増やすための方法ですからね。

 

ブログをはじめたばかりでまだ検索流入が無いわって方は始まった時にそなえて、読んでおくことをおすすめします。それではどうぞ。

f:id:cumata-tan:20211115203837j:plain

f:id:cumata-tan:20210924203723j:plain

全ての記事を読んでもらうには、全ての記事をつなげる

 

あなたの書いた記事。

検索で読まれている記事と読まれていない記事があると思います。

 

検索で読まれている記事は手直しして順位アップを狙っていけばいいですが…。

 

問題は読まれていない記事!

f:id:cumata-tan:20210924192923j:plain

 

読まれていないその記事、ほったらかしでは一生読まれません。

 

f:id:cumata-tan:20210924195528j:plain

熊ちゃん

どうすればいいの?

 

こうします。

 

f:id:cumata-tan:20210924204101j:plain

読まれている記事に貼る

 

「りんご」という記事があるとします。

毎日50pvの検索流入がある。

 

かたや「アップルパイ」という記事はインデックス登録されておらず検索流入が無い。0PVです。

 

これをこうします。

f:id:cumata-tan:20210923205507j:image

 

「りんご」の記事に「アップルパイ」の記事を貼りつけます。

ぺたっ。

 

「りんご」を読みに入ってきたお客さんは「アップルパイ」の記事も読んでいきます。

これが基本。

 

「りんご」を読んだお客さんの半分が「アップルパイ」の記事も読んだとしましょう。

25~30pv/日あれば立派な実績です。

 

「これなら載せてやろうかね」とGoogleも登録を考えてくれます。

 

f:id:cumata-tan:20211115194927j:plain

検索にのると当然お客さんが来ますよね。

「アップルパイ」の記事を読みにきたお客様に、今度は「りんご」の記事を読んでもらいましょう。

 

「りんご」の記事に「アップルパイ」の記事のリンクを貼りつけます。

これでどちらの記事にとっても嬉しい効果が!

 

これが(内部の)相互リンクです。

 

内部リンクをつないでいく

 

f:id:cumata-tan:20211115194929j:plain

りんごからきたお客さんがアップルパイに行き、アップルパイからきたお客さんがりんごにむかう。

これが基本です。

 

極端な話…。

どの記事から始まっても全ての記事が読めるようにしておきます。行き止まりがないように。

これ、意外とできていない人が多いんですよ。

f:id:cumata-tan:20210924181309j:image

 

☝お客様の目線になってみましょう。

 

f:id:cumata-tan:20210924181353j:image

「りんご」→「アップルパイ」と記事を読んだ人は「政治家の汚職」という記事は読みません。お客さんにとってはここが行き止まりです。

行き止まりにしてはいけませんね。

 

サイト内を回遊させ続けましょう。

そのために…。

 

f:id:cumata-tan:20210924193008j:image

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain

クマ

ブログは連想ゲームだ。

 

似た記事を読ませることで「りんご」から「政治家の汚職」までなんとか記事をつなぎました。

やや強引ですがカテゴリが違う記事はこんな風にでもつながないとサイト内を回遊させるのは難しい。

 

待っていても記事は読まれません。読んでほしいなら読ませましょう。

 

特化型ならジャンルがひとつなので記事と記事を結びつけやすいですが、雑記の場合はジャンルが複数ある。これをどう結びつけるか…。

f:id:cumata-tan:20210924192936j:image

 

f:id:cumata-tan:20210924195528j:plain

熊ちゃん

ちょっとこじつけじゃない?

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain

クマ

確かにりんごから政治はちとムリがある。

 

仕方がありません。

雑記ブログはジャンルが複数あるため多少むりにでもリンクをつながないと読まれないのです。どうつなぐか、あなたのセンスが問われるところ。

 

閲覧される仕組み作りを

 

検索上で読まれている記事はいいです。読まれていない記事ほど残念なものはありません。

 

f:id:cumata-tan:20210924195525j:plain

クマ

ーゴミ記事ってクマ、あの言いかた苦手だ。

 

f:id:cumata-tan:20210924195528j:plain

熊ちゃん

でも読まれないとムダになっちゃうよね。

 

はてなブログで記事が読まれるのは投稿した直後だけ。

SNSもやっていない、リンクで他の記事につないでいない、となると誰にも見つけられることはないでしょう。自分でさえ書いたことを忘れているくらいです。

 

f:id:cumata-tan:20210924192923j:image

 

運がよければカテゴリーから読まれるかもしれませんが、まあ稀でしょう。検索からくるお客さんは興味のないカテゴリは見ませんから。

 

読まれていない記事をどうにかしよう

 

インデックス登録されていない、0pvの過去記事をどうすればいいのか。

 

いま説明したとおり、つなげる記事はつないでしまいましょう。

中にはどうやってもつなげない記事が出てくるかもしれません。その場合は…。

 

  • まとめ記事を作る
  • 削除する

 

まとめ記事を作る

 

たとえば「りんご」と「洗剤」の記事をつなぎたい場合。

f:id:cumata-tan:20211115194914j:plain

ジャンルがかけ離れているので直接はつなぎにくいですよね。

こういう時に役立つのがまとめ記事です。

「家事でやくだつ100術」みたいな記事を書き、いろんな家事を紹介します。

 

その中に

  • 「3ステップで出来るアップルパイ」
  • 「ガンコな汚れもするんと落ちる洗剤」

と紹介文をそえて記事を貼ります。

 

f:id:cumata-tan:20211115194932j:plain

「家事」という大きなカテゴリーにすることで、「料理」と「掃除道具」を一緒に紹介してしまうのです。これがまとめ記事。

 

リンクはこうなります。

f:id:cumata-tan:20211115194934j:plain

 

まあ、なんでもいいんですけどね。方法なんて。

ムリなくつながっていれば何でも。

 

ただ関連した記事をつなぐようにしましょう。あまりにかけ離れたジャンルでは読まれないのでつなぐ意味がなくなってしまいます。

 

道さえ通じていればOK!

どういうつなぎかたをするかはあなた次第。いろいろ考えながらやってみてください。

 

f:id:cumata-tan:20210924201237j:plain

「つなぐ」作業を

 

りんごから入ってきた検索のお客さんが洗剤まで進めるように道作りをする。

100記事も200記事もある人はこの「つなぐ」作業が必要不可欠です。直帰率が異様に高い場合は、道づくりができていない可能性があります。

 

できているつもりで意外とできていない道づくり。

 

自分のブログだから勝手がよくわかりますが一見さんはカテゴリさえどこにあるのかも分かりません。記事のさいごにカテゴリへのリンクを貼りつけておくなど、これでもかというくらい検索のお客さまのために手をつくしましょう。

削除するという手も

 

いろいろ試して、それでもどうしてもつなげない記事も出てくるかもしれません。

その場合、あなたに愛着がなく、誰にも読まれていないなら思い切って削除するという手もあります。

 

f:id:cumata-tan:20210924201035j:plain

まとめ

 

おさらいです。

 

  • 記事と記事をつなぐ
  • 連想ゲームでつないでいく
  • まとめ記事を作る
  • 削除するという手も

 

ここで紹介した方法で全ての記事をつないでみてください。するとアクセスがのびます。人によっては爆増する場合もありますから試す価値は大!

 

記事数が増えるにつれてこの内部リンクは力を発揮するようになっていきます。

 

f:id:cumata-tan:20210924195554j:plain

クマ

ぜひアクセスを増やしてください!

 

 

▼関連記事

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com