クマの動物研究

世界の猛獣事件とブログを研究中

人生が変わった【節約雑誌サンキュ!】飽き性でも呑んべいでも年100万貯まったぞ!

f:id:cumata-tan:20210421063949j:plain

 

 

十年以上前にやりくりに大失敗したクマ。

後半です。

 

⇩前半はこちら。

一人暮らしの家計簿・前編。生活費が無い⁉



 

 

このお話から数年後。

ふたたび会社から辞令が出て転勤することになった。

「またか」とぶつくさ言いながら荷物をもって転勤先に飛んだ。

 

f:id:cumata-tan:20210419194538j:plain

二回目の一人暮らし

【目次】

    

 

リベンジ! 節約生活

 

f:id:cumata-tan:20210419191519j:plain

f:id:cumata-tan:20210421100034j:plain

 

やりくりに大失敗。

給料日前にお金がなくなるという怖い体験をした。

 

しかも不摂生がたたり10キロも太ってしまった。

 

そう…その時の恐ろしい姿がこちら…。

 

f:id:cumata-tan:20210421100031j:plain


 

 

はじめてのひとり暮らしを終えて実家に戻り…。

生活が落ち着いたからか体型は元に戻っていた。

 

しかし散財癖は相変わらずで、貯金もいちおう始めてはいたが、なかなか貯まらないという状態でした。

 

そんな中での一人暮らし・再。

クマの脳裏を数年前の大失敗がよぎります。

 

このままではまた失敗してしまうかも?

 

それだけは避けたい。

もちろん頑張るつもりではいるが、なんか不安だ…。

 

ここらでちゃんと勉強しなくてはだめだ、と考え、本屋にむかいます。

節約の本を読んでみようと思ったのです。

そして出会った人生のバイブル。

 

f:id:cumata-tan:20210421100042j:plain



節約雑誌との出会い

 

サンキュ!

 

ありがとう。ありがとう。

 

f:id:cumata-tan:20210304175533j:plain

熊ちゃん

いつも読んでくれてありがとうございますう。

 

f:id:cumata-tan:20210420124057j:plain

クマ

いや、本のタイトルだ

 

 

「サンキュ!」

節約大好きさんならいちどは読んだことがあるのではないでしょうか。

節約雑誌の日本代表。

 

主婦のお友達ですが、主婦でなくても関係ない。

老若男女問わない。全日本人向けの読み物。

収入から貯金額までいろいろなご家庭の家計がモザイクなしに載っている。

 

それまでクマは…節約とは辛く苦しいものだと思っていました。

ちまちま細かくやりくりするものだと。

雑誌を読んで目からウロコ。

違った。

  

f:id:cumata-tan:20210422170414j:plain

1000万やりくら~

 

「いらないものは買わない」

「車や家は買う。旅行も行く」

「プラダの財布だって買う」

「だから満足な生活が送れるんです」

 

サンキュ! のプロ主婦たちは。

要らない物には一円も使わない。

つかう時はドカンと大きく使う。

なんてシンプル。

 

「電気をこまめに消す? そんな面倒なことしません」

「スマホ代をガツンと削るほうが楽なんで」

「食費けずるより固定費削減ですよ」

「毎月自動で浮く。自動化がいちばん効率いいんです」

 

サクゲン。ジドウカ。コウリツ。

会社みたいだ。

主婦たちは総じて管理能力が高く、10年で1000万ためている人もざら。

 

そういう人たちに共通して。

なんかやたらキラキラしてる。

 

f:id:cumata-tan:20210420192230j:plain

 

べつにお医者さんでも弁護士さんでもない、ふつうのサラリーマンの奥さん。

専業主婦も多い。

子供もいて家のローンもある。収入は平均的でとくべつ多いわけではない。

なのに余裕の笑顔。

 

「一千万ためて家を買う頭金にしました」

「くりあげ返済をして十年以内に終わらせます」

「食生活? 普通に食べてますよ。お肉もお魚も」

「外食もします。節約のコツは我慢しすぎないこと」

 

年収300万代で1000万ためた人たち。

彼女たちがどうやってお金をためたか、その方法が載っている。

プロ主婦たちの生活をみて目からウロコが止まらない。

 

クマ…。

 

開眼!

 

f:id:cumata-tan:20210421102218j:plain



サンキュ! を読んで変わった

 

その日から生活を変えた。

お給料から貯金分を先取り。生活費が残ったら銀行にオン。ちゃんとご飯を作り、お酒をひかえた。友達と飲むときは家飲み。鍋にすれば栄養たっぷりで安あがり。持ち物をすべて見直し、いらないものはすべて処分。服はフランス流にシーズンで10着のみ。リビングには机とテレビだけ。他の家具はおかない。そしたら年100万たまった。

 

f:id:cumata-tan:20210420124049j:plain

熊ちゃん

パリピから一転、主婦になったな…。

 

f:id:cumata-tan:20210420124052j:plain

クマ

自分でも驚きの変貌ぶり

 

お金の他にも手に入る物

 

手に入ったのはお金だけではない。

キレイな部屋。

物がないと掃除が楽になるといいますが、あれは本当です。

 

朝5時に起きて掃除するようになった。

窓を開けてフローリングワイパーをかける。床は電灯がうつりこむくらいキラッキラに。風が部屋を通る。

 

こんな快感、知らなかった。

 

f:id:cumata-tan:20210422171136j:plain





まとめ 

 

飽き性のクマですが、幸いにもこのミニマム生活は飽きることなく今も続いています。

 

  • 基本は先取り貯金
  • パーリイはお家で
  • 欲しいかどうかで買わない
  • 必要かどうかで買う
  • 買うなら高くて上質なものを
  • お金は人生を豊かにするために使う

 

サンキュ! はたまに読む程度ですが、もうこれらの習慣が身にしみついているので節約を意識しなくても頑張らなくても自然と貯金ができる。

 

f:id:cumata-tan:20210209094702j:plain

熊ちゃん

以上、ケチ誕生秘話でした。

 

f:id:cumata-tan:20210206175940j:plain


ケチじゃない。ミニマムリストだと言ってるだろ。

 

f:id:cumata-tan:20210209094706j:plain


ケチだろ?

 

f:id:cumata-tan:20210420124103j:plain

また読んでね。ばいばい。



 

 

お題「#新生活が捗る逸品」