クマの動物研究

世界の猛獣事件を研究中

シロクマとは。海岸で待ち伏せてアザラシを捕まえる頭のいい危険生物

f:id:cumata-tan:20211228115814p:plain

ホッキョクグマ。その名の通り、極地に棲む彼らは氷の上で生活しています。時には氷水のように冷たい海に潜ってエモノを狩ることも。

われわれ日本人が動物園でしか見たことがないホッキョクグマ。自然ではどんな生活を送っているのでしょうか。生態から狩りの仕方まで見ていきます。

 

 

ホッキョクグマとは

 

f:id:cumata-tan:20211220172530j:plain

熊ちゃん

今日は白くまか? 可愛いなあ。

 

f:id:cumata-tan:20211222155940j:plain

クマ

可愛い…か?

 

f:id:cumata-tan:20211220172549j:plain

熊ちゃん

可愛いよ。白くてもふっとしててさ。

 

f:id:cumata-tan:20211222155924j:plain

クマ

そうか。…まあ先に概要を説明しよう。

 

f:id:cumata-tan:20211228114837j:plain

ホッキョクグマ

哺乳網食肉目クマ科クマ属。

北極に棲む地上最大の肉食動物。

 

白くまと呼ばれるように白い体毛が特徴的。特殊な毛の構造により、光を反射することで白くみえるが、皮膚は黒い。

 

f:id:cumata-tan:20211220172354j:plain

熊ちゃん

肉食動物なの?

 

f:id:cumata-tan:20211220172536j:plain


植物がほとんど無い土地だからな

 

f:id:cumata-tan:20211220172354j:plain


あ、そうか。北極だもんね…。

 

クマの仲間は多くが草食か、植物よりの雑食性ですが、シロクマはその生息域の環境とまた脂肪をおおく必要とすることから肉食です。

f:id:cumata-tan:20211228115419j:plain

 

f:id:cumata-tan:20211220172518j:plain


ヒグマの仲間なの?

 

f:id:cumata-tan:20211220172356j:plain


祖先が同じなんだよ。

 

f:id:cumata-tan:20211220172453j:plain


ということは当然…アブナイ?

 

f:id:cumata-tan:20211220172525j:plain

クマ

むろん。北極の危険生物ナンバーワンだ。

 

 

ホッキョクグマを警戒せよ

 

こちらをご覧ください。

 

3000頭のホッキョクグマが暮らすスヴァールバル諸島にある標識。

f:id:cumata-tan:20211228094856j:plain

※枠内画像はイメージです。

 

 

f:id:cumata-tan:20211220172354j:plain


なんて書いてあるの?

 

「止まれ、ホッキョクグマ危険。銃をもたずにこの標識を超えるな」

 

f:id:cumata-tan:20211228115041j:plain

島で暮らす人々は、ホッキョクグマに襲われた時にすぐ近くの家に逃げられるよう自宅に鍵をかけないのだという。

 

f:id:cumata-tan:20211220172504j:plain

熊ちゃん

それ襲われるの前提で日々を生きてるってこと?

 

壮絶ですね。

 

 

ホッキョクグマの生態

 

 

体長は1.6mから2.5m。体重は150㎏から最大で800㎏にもなり、あのグリズリーをも凌駕する個体が存在します。

北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部、北極に生息。

 

この白く輝いてみえる毛並みから白クマと呼ばれる。

f:id:cumata-tan:20211228114940j:plain

白いヒートテック

 

ヒグマと祖先を同じくするホッキョクグマは極地で暮らすうちに環境に適した姿になっていったとみられている。

その最たるものが体毛で、毛の中心が空洞になっていて熱がほとんど逃げない。脂肪が燃焼される際に熱が発生し、全身をあたためる。天然のヒートテックにより凍てつく海にもぐっても平然としている。

 

ホッキョクグマの狩り

 

ホッキョクグマはアザラシが好物です。氷にあいた穴の近くで待ち伏せて呼吸をするためにあがってきたアザラシを仕留めて食べる。

 

狩りの仕方▼

f:id:cumata-tan:20211228094848j:plain

 

夏には鳥類や魚、海藻なども食べます。

 

f:id:cumata-tan:20211228094851j:plain

セイウチに挑んで負ける

 

セイウチを狙うこともあります。

しかしセイウチは1000㎏もあり、体格で負けているためそうそう勝てません。

70回挑んで3回ご飯にありつける程度。効率はよくありませんね。

 

f:id:cumata-tan:20211220172530j:plain


3回に1回か…最強生物でも生きるのは大変なんだな。

 

f:id:cumata-tan:20211228115009j:plain

どのくらい移動しますか?

 

ホッキョクグマは一日に70㎞もの距離を移動します。年に換算すると1000㎞にもなり、流氷にのり長距離移動することも。

泳ぎも得意で海にもぐってエサをとることもあれば、エサがある海まで数日泳ぎっぱなしのことも。

ホッキョクグマの首が長いのは泳ぐのに適しています。

 

遊泳中にシャチに食べられる

 

長時間、海を泳いでいるホッキョクグマを狙う存在がいます。それは海の最強生物。

f:id:cumata-tan:20211228111605j:plain

そう、シャチです。

陸上では最強のホッキョクグマですが、海の中では別の話。

 

シャチは体長8m、体重7200㎏。その巨体で遊泳速度は時速40㎞。これは海の生物の中でもトップクラスを誇ります。

 

人喰いザメで有名なジョーズことホホジロザメでさえ食べてしまうシャチ。そんな強すぎる王者に狙われたらホッキョクグマもエサになるしかありません。

 

ホッキョクグマという生き物

 

さてここからはホッキョクグマについて掘り下げていきます。

 

  • 学習能力が高い
  • 流水タクシーを利用
  • 視力はいい方
  • 毛をかったら黒

 

f:id:cumata-tan:20211228115239j:plain

オスによる子供へのⅮⅤ問題⁉ 

 

ホッキョクグマのメスは一度に二頭ほどの子供を産み、狩りの方法を教えながら二年ほど一緒に暮らします。

 

子育て中のメスはオスを大変こわがります。

オスは子供を食べてしまうため。ホッキョクグマのママはオスを見つけると子供が食べられないよう必死で逃げます。

f:id:cumata-tan:20211228094854j:plain

 

ヒグマと交配できる

 

ホッキョクグマとヒグマは祖先が同じ。氷期である約15万2000年前に枝分かれした。

そのため体の構造も似ており、ヒグマとホッキョクグマは現代でも交配が可能で自然界で交配によるハイブリッド(交雑種)が確認されています。

 

f:id:cumata-tan:20211220172530j:plain

熊ちゃん

ハイブリッド。どんな姿なのかしら。

 

f:id:cumata-tan:20211220172356j:plain


見た目は白いそうだぞ。

 

もりあがった肩と長い爪などはヒグマの特徴を濃く受け継いでいるそうです。

 

f:id:cumata-tan:20211228115347j:plain

ホッキョクグマのまとめ

 

今回はホッキョクグマの生態について紹介しました。強くタフなホッキョクグマを見ていると縁戚であるヒグマを思いだします。

当サイトではヒグマによる獣害事件を多数とりあつかっておりますので良ければご覧ください。サメやシャチなどの海の事件も有り〼。

 

▼まとめ記事から一覧できます。

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

cumacuma-cuma.com

 

 

   

 

f:id:cumata-tan:20211227215349j:plain