クマの動物研究

動物事件とアフィリエイトブログを研究中

【モロゾフ】アンバサダーLeon/2021のバレンタインチョコレート

こんにちは、クマです。

 

来月はバレンタイン!

甘いもの大好きなクマにはたまらん季節。どこにいっても用がなくてもバレンタインチョコが目に飛びこんでくる嬉しい季節到来です。

 

f:id:cumata-tan:20210110184124j:plain

熊ちゃん

バレンタインって何?

 

f:id:cumata-tan:20210112182747j:plain

クマ

女子が好きな人にチョコレートを贈る日だ。

 

f:id:cumata-tan:20210110184124j:plain


ふうん。じゃあクマさんには関係ないね。

 

f:id:cumata-tan:20210112182747j:plain


どういう意味だ。

 

日本のバレンタインはチョコレートを売りたいお菓子業界が仕掛けたイベントですからチョコレートが大好きなクマには関係ありあり。

 

f:id:cumata-tan:20210110184124j:plain


いつも自分でおっさんだって言ってるじゃない

 

はいおっさんです。だから?

なんですか。おっさんにはバレンタイン・デーを楽しむ資格はないと?

 

いいじゃないですか。おっさんもまぜてくださいよ。スイーツ好きなんですよ。

 

というわけでバレンタインまで毎週やるぜオススメバレンタインギフト!

第一弾はモロゾフのアンバサダーだ!

 

f:id:cumata-tan:20210119142526j:image

 

目次

 

 

モロゾフといえば

 

ゴディバの次くらいに有名ですね。

なんて言ったらモロゾフの人に気が悪いですが、ゴディバよりは安価で買い求めやすく誰もが知っている安心安定のブランドということで、総合的に使いやすいお店。

 

ウイスキーボンボンやリンゴをコーティングしたチョコレートなど、店頭には人気商品がズラリ。デパ地下に入っているのでクマはたまにチョコレートを家族へのお土産に買っていきます。クマ家ではチョコレートに定評がある。

 

さてそんなモロゾフ。

日本で最初にバレンタインを始めたお店なんだとか。

※諸説ある。

 

バレンタインあるある

 

f:id:cumata-tan:20210110184124j:plain


お菓子業界が仕掛けた? バレンタインって昔からあるわけじゃないの?

 

そもそもバレンタインの起源になっているバレンタインさんはキリスト教の司祭様なので仏教神道が当たり前だった昔の日本にはもちろんそんなイベントは無かった。

 

本来はバレンタインさんの死を悼む日であり、彼が恋のキューピッドだったことから、愛の日とされてきました。海外では男性の方から花を贈る日であり、チョコレートを配る日ではない。

 

では日本のチョコレートをばらまく祭りはどのようにして生まれたのか?

 

2月は商業界のオフシーズン。

夏はお中元、冬はお歳暮にクリスマス、年末商戦からの初売り。それ以降は春の入学入社シーズンまで特にこれといってイベントもなく物を売りにくい。

このぽっかり空いた期間をなんとか埋められないかと考えた商業界が、海外のバレンタインを日本風にアレンジしてイベント化した。らしい。

 ※これも諸説あり

 

f:id:cumata-tan:20210110184124j:plain


いつもながらアバウトな情報ありがとう。

 

 

f:id:cumata-tan:20210112182747j:plain

クマ

はっはっは。なんのなんの。

 

まあ予備知識はこのくらいにしてチョコレートを見てみましょう。

モロゾフで、クマは去年ほしいチョコがあったのですが、残念ながら売り切れで買えませんでした。

ものごっつう人気なんですわ!

 

ふふ。

 

しかーし!

今年は速攻でゲットん!

(速攻で売り場に走ったにも関わらず、すでにラスワン)

 

走らないと買えないモロゾフの目玉商品。

そのオサレなビジュアルを見れば人気があるのも頷ける。さあご覧あれ!

 

f:id:cumata-tan:20210119124449j:plain

Morozoff Leon アンバサダー

モロゾフのアンバサダー

 

美しい金と青の基調。

腕時計がイメージなのだとか。

なんだか大学教授の一室に置かれているようなモダンなデザインですね。地球儀やメガネなどと一緒に。

 

ダンディなクマにぴったりではありませんか。

クマのようは大人に贈るのにぴったりだということですね。これならきっと相手にも喜ばれるでしょう。

 

え?

味?

 

そうですね。外観は大事ですが、食べ物である以上、それが一番重要です。

またこれだけ人気なら自分へのご褒美チョコにと考える人が多分にいるでしょうから、よけいに言及が必要でしょう。

 

※食べる前に。お酒いりが2粒あるのでアルコールが苦手な方は注意ですぞ。

 

それでは今回は特別に中をお見せします。あなただけですよ?

これが2021のアンバサダーです。

 

味はマイルド

 

まずはトリュフが3粒。

f:id:cumata-tan:20210120062343j:image

 

この中ではカフェクリームトリュフがいちばん甘かったです。詳しくは後に出てくる食レポをお読みください。

 

次はプラリネを含む4種。左上プレーンミルクは馬蹄の形を表しており、海外では馬蹄は幸運をもたらす縁起物としてネックレスなどのアクセサリーにもなっています。

 

f:id:cumata-tan:20210120062622j:image

 

お酒入りもありますが、強くありません。

クマの感想ですよ?

 

全体的に…大人な男性に贈るには、やや甘いかなあと思います。

ビターも入っていますが、総じてミルク系が多い。

中身はむしろ女子向けです。女子の自分用ご褒美チョコですねこれは。

 

甘いということは?

コーヒーによく合います。

甘いものとコーヒーが好きな男性にどうぞ。

 

f:id:cumata-tan:20210120064723j:image

残った缶は小物入れとして使えます。

 

ということで今回はバレンタイン特集第一号でした。第二号でまたお会いしましょう。

 

 

一粒一粒の味についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。クマという人が書いています。

⇩アンバサダーのレビュー記事。

music-music.hatenadiary.com

 

 

 

 

 今週のお題チョコレート