gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-175795261-1'); https://ping.blogmura.com/xmlrpc/llojrkukn6o7/

クマの動物研究

動物による事件とブログ初心者の記事を取り扱い中

山を買う。第二弾。今、山を買う人が増えている⁉︎

今週のお題「暑すぎる」

こんにちは。クマですʕ•ᴥ•ʔ
暑いともっぱらアイスコーヒーです。1日に何回も飲みます。身体によくないなぁ〜と思いながらぐびぐび。これの次は麦茶にしよう。ぐびぐび。麦茶は今度でいいや。ぐびぐび。
ぷはー。
ネスレが大きくなるわけです。

f:id:cumata-tan:20200827191858j:plain

山を買う。
キャンプ目的で山を買う人が増えているという記事を書いた所、予想に反して好評だったので第二弾をアップします。
f:id:cumata-tan:20200827191955j:plain
コロナ禍で人気のあるキャンプ。
それもその筈。
夏だし、どこかにいきたいけど旅行に行けば感染るかもしれないし、県をまたぐのも抵抗あるし。
ずっと家にいると子どもはイライラ、奥さんは「掃除の邪魔になる」旦那さんにイライラ、テレワークで家にいる旦那さんは奥さんの顔色を伺いながらドキドキ。
息がつまるので、皆、余計に出かけたい。
そこでキャンプなわけです。山の中、家族だけなら感染の心配も少ない。
ーそんなふつうの一家でしょうか。それとも1年の間に何度もキャンプをするアウトドア派な方々でしょうか、山を購入するのは?

f:id:cumata-tan:20200827192006j:plain
個人で山を買う。
そのニュースを観るまで、わたしには全く無い発想だったので、アイスコーヒー片手に「道楽金持ちめ。け」と悪態をついていた所、次いでテレビの画面に映った金額に目をむいた。

⚫️⚫️万‼︎

山が⚫️⚫️万円⁉︎
軽自動車の中古車みたいな値段だ。
こんな値段で買えるの山⁉︎
f:id:cumata-tan:20200827192844j:plain
驚きをそのままブログに載せた前回。
今回は具体的に各地の値段を調べてきました。やはり地域によって差はある様子。さっそく、見ていきましょう。

岐阜某所ー約2.5ヘクタールで250万
奈良吉野ー10ヘクタールで500万
和歌山某所ー約1ヘクタールで45万
北海道函館ー約6ヘクタールで1600万
宮崎某所ー約30ヘクタールで5800万

ざっとですが、このくらい。
1ヘクタールの割合で見ていくと圧倒的に北海道が高いですね、この中では。
1ヘクタール266万。やっぱ観光地は高いんですかねえʕ•ᴥ•ʔ
2位の宮崎は1ヘクタールで193万。
岐阜が3番目に高く100万。
同じ都道府県でも場所や業者により大きくふり幅があるようです。これはあくまでも一例。

【クマの知恵】♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️
1ヘクタールの広さは?
10000平方メートル。100メートル✖️100メートル。50メートルのプールが約8個分。キャンプをするなら十分な広さ。
♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️♦️
f:id:cumata-tan:20200827192826j:plain

そんな広い土地が⚫️⚫️万。
個人間の売り買いの場合、雑木林なら◯◯万〜◯◯万でもあるのだとか。大学生のアルバイト代で2ヶ月〜4ヶ月分くらいですが、仲介業者をはさむと値段がはねあがるそう。

山に興味のある方、参考までに。
ぐびー。ぷはー。