クマの動物研究

動物事件とアフィリエイトブログを研究中

山を購入する人が増えている。新時代2021のキャンプの形。

こんにちは、クマです。
これから暖かくなってくると、アウトドアをする人が増えるでしょうね。山に登ったり麓でキャンプをしたり。
最近では個人で山を買う方が増えているのだとか。

どんな人がどういう目的で買うのか、いくらくらいなのかを調べてみました。

f:id:cumata-tan:20210128162329j:plain
ハイキングやキャンプ

目次

山を買う


ーQ.個人で山を買うの?

はい、そうです。

ーQ.それは…ミカンでも育てるため?

違います。

いえ、そういう方もいらっしゃるとは思いますが、中には自分で小屋を立ててみたり、BBQをしたり。
キャンプによく行くアウトドア派の方ですね。

こんな時代なので、不特定多数の人があつまるキャンプ場よりも自分の土地で家族や友人と少数で楽しむ方が安全安心ですよね。
周囲に気を遣うこともないし。

ーQ.でも…お高いんでしょう?

それがそうでもないんです。
場所にもよりますが、地方の山なら数十万で買えてしまうのだとか。

ーQ.数十万で買えるってことですか⁉︎

そうですね(笑)

ーQ.山ってそんなに安いんだ…(驚き)

山が安いのか地方だから安いのか。
わたしが住んでいる地域なんて都会の業者さんからすれば「タダみたいな値段」らしいですから。人がいない山なら余計に、なんでしょうね。

f:id:cumata-tan:20210128162321j:plain
みんなで楽しくバーベキュー

キャンプ目的で購入


ディズニーファンがランドの年間パスを買うのと同じで、年に何度もキャンプに行くなら「えーい、買ってしまえー!」とキャンパーさんたちは購入するのでしょうか。

キャンプもタダじゃないですからね。
お金をかけようと思えばいくらでもかけられる趣味。キャピングカーなんて1千万くらいザラですし。

それなら山を買ってテントを張った方がはるかに安くすむし、ベッド付きの車よりも自然が丸ごと手に入る方がずっと価値があると感じるのかもしれません。
自然を楽しむのがキャンプの醍醐味ですから。

わたくし、クマは生来のインドア派なので山を買う予定はありませんが、こういう情報を耳にしてちょっと面白いなあと思ったので記事にしてみました。
ついでに山の値段も調べてみましたので合わせてご覧ください。

山っていくら?


最初、その値段をみてクマは目をむきました。
◯◯万円!

軽の中古車並みのお値段です。
こんな値段で山が変えてしまうの⁉
山を買おうと思ったことがないので相場などぜんぜん知りませんから、驚きました。
こちらは全国の山のお値段(一例)です。

f:id:cumata-tan:20210128162312j:plain
全国の山の値段

岐阜某所  約2.5㌶で250万
奈良吉野  約10㌶で500万
和歌山某所 約1㌶で45万
北海道函館 約6㌶で1600万
宮崎某所  約30㌶で5800万


1ヘクタールの割合で見ていくと圧倒的に北海道が高いですね、この中では。
1ヘクタール266万。やっぱり観光地は高いんですねえ。

2位の宮崎は1ヘクタールで193万。
岐阜が3番目に高く100万。
同じ都道府県でも場所や業者により値段に大きく違いがあるようです。あくまでも一例ですが。


【クマのミニ知恵】

1ヘクタールの広さは?

10000平方メートル
=100メートル✖️100メートル。
50メートルのプールが約8個分。
キャンプをするなら十分な広さ。


そんな広い土地が数十万。
個人間の売り買いの場合、雑木林なら数万円台でもあるのだとか。大学生のアルバイト代でも買えそうですね。仲介業者をはさむと値段がはねあがるそうです。

山に興味のある方、参考までに。


cumacuma-cuma.com
cumacuma-cuma.com
cumacuma-cuma.com


⇩ブログ村に登録中。ぽちりで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村