クマの動物研究

動物事件とアフィリエイトブログを研究中

日本史上二番目のヒグマ事件【石狩沼田の惨劇】後編。ヒグマの学習能力の高さ!

「石狩沼田幌新事件」後編
(イシカリヌマタホロシンジケン)


前編を読んでいない方のために説明🌫🌫🌫🌫🌫

大正時代の北海道石狩。ホロ新地区に住む人々が祭りから帰る途中、山道でヒグマに襲われました。一人が殺され、一人が土中に埋められ、さらに人々が助けを求めて逃げこんだ農家まで追いかけてきたヒグマは人間の女性をさらい、闇夜に姿を消しました。

※実話です。
🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫


目次

恐ろしい夜が明ける

8月22日
(この時点で死者行方不明者3人)

妻子を奪われた三太郎はじめ、避難民らは恐怖に震えていた。銃の備えなどない農家。屋内に閉じこもって身を守るほかない。

夜が明けた。
事情を知らない村人が持地宅の近くを偶然通りかかる。
屋内にいた一団は大声で助けを求め、すでにヒグマが去ったことを聞くと転がるように外へ飛び出た。

明るみになる被害

三太郎の妻・ウメは近隣の藪の中で半身が無い状態で見つかった。
ヒグマに連れ去られた後、生きたまま食べられたのか。

土に埋められた林与四郎も発見された。彼はまだ息があったため、すぐに沼田市街の病院に運ばれたものの、後日死亡した。

第四の犠牲者

8月23日
(この時点で死者3名)

この恐ろしい惨劇はすぐに沼田町全域に知れ渡った。
熊撃ち名人として名高い砂澤の耳にも入り、彼をはじめ雨竜村(現在の雨竜町)に住むアイヌの狩人たちが応援に駆けつけたので村人たちは彼らに希望をたくす。

狩人の一人、長江(56)は凶悪なヒグマの話を聞いて憤慨し、「そのような悪い熊は自分が仕留めなければならない」と、周囲が止めるのも聞かずに単身でヒグマの山に入っていった。

そして山中で数発の銃声を響かせたきり、彼は戻ってこなかった。

ヒグマの最期

8月24日
(この時点で死者3名、行方不明者1人)

軍人、消防団、青年団など総勢300人あまりの応援部隊が幌新地区に到着した。さらに近隣の集落民から60歳未満の男子が残らず出動し、村始まって以来のヒグマ討伐隊が結成された。

討伐隊が山中に分け入ってまもなく加害ヒグマが現れ、討伐隊の最後尾にいたメンバーを一撃で撲殺。

怒り狂ったヒグマは他のメンバーにも重傷を負わせ、咆哮を上げながら、なおも人間たちに襲いかかろうとした。
その時、除隊間もない軍人が放った弾が命中。

さらに鉄砲隊の一斉射撃。
ヒグマはついに倒れた。

この現場のすぐ側で、23日に行方不明になった熊ハンターの長江が、頭部以外をすべて食い尽くされた状態で発見された。共に回収された彼の猟銃は折られていたという。


こうして惨劇は幕をおろしました。
🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫🌫

解説


( ゚Д゚)こ…怖かったですな。
まるで映画のようですが、実際にあった話なんですよね…。


ヒグマの話をとりあげるのはこれで三回目ですが、毎回、意外にねばっこいストーカー体質が焦点になります。

今回もかなり人間にご執心の様子。

では改めて彼らの性質について解説を。

f:id:cumata-tan:20201026180132j:plain

獲物に対する執着心

ヒグマは時に人間も食べますが、そういったケースは稀。ふだんは木の実などを食べています。

化け物ではないんですよ。

大抵は人間だと分かると逃げていきます。
そう、熊は人間が怖いんです。どういう生き物なのか知らないから。

わたしたち人間も知らない人には近づきませんよね。

そして自分の物を奪う人、つまり強盗が現れたら警戒します。

クマも同じ。今回はそれが始まりでした。

実は最初に夏祭り帰りの一行がヒグマに遭遇した時、近くに斃死した馬の死体が埋められていたのです。

これを食べていたヒグマに「自分のエサを奪う悪い敵が現れた」と見なされた。
それが事の発端でした。

ヒグマは自分の持ち物に対して、深い執着心をみせます。

福岡大学ワンダーフォーゲル部の事件では熊にとられたリュックを取り返した大学生たちが執拗に追いかけられ、3人が命を落としています。


火を恐れない

獣は火を怖がると言いますが、ヒグマは恐れないことが分かっています。そもそも火を知らないので恐れようがないのかもしれません。
三毛別羆事件でもこれはハッキリしていますね。

食べ物を保存する習性がある

ヒグマが保存食を土に埋める、と知った時、最初は「えぇ?」と思いました。
人間かい。

しかし犬もオモチャを土に埋めますし大事なものは隠しておく、というのは知能が高い動物ならではの習性なのかもしれません。

極寒冷地の先住民族。貴重な食べ物を雪の中に保存することで厳しい季節を生き抜いてきたのですね。

学習能力が高いゆえに

先ほども少し触れましたが、クマが食べるのは植物と動物の2種類。
食生活がわたしたち人間と似ていて、繊維のある野草と肉や魚などのタンパク質。

植物は比較手に入りやすくても動物を捕食するのは一苦労です。
それで人間をつれさり保存しようとしたのでしょう。

通常、野生のクマは人間が食べられるものだとは知りません。

そのため最初からエサだと思って襲いかかってくることはないのですが、今回のようにトラブルによって人間の血の味を覚えてしまうことで食べられるものだと認識してしまう。

そうなると後はもう悲劇です。

川で泳いでいる魚をとるよりも、人間を襲うほうが遥かにラク。

広い山を歩き回って木の実を探すよりもずっと楽だと。
クマは学習能力が高いゆえに、楽だと知ると効率によい狩りをするようになる。
つまり人間ばかりを狙うようになる恐れがあるのです。


とんでもない生き物と思われますか?
そうですね、とんでもない生き物です。
でも、彼らからすればどうでしょう。

21世紀の現在、沼田町は米作りが盛んですが、開拓される以前は面積の8割を原生林に覆われ、ヒグマの天地でした。

そこに人間が入りこみ、木を切り倒し、土地を開墾し、彼らを山へと追いやった。

先住民族の彼らからすれば、後からきて自分達の家を奪った侵略者。
北海道に限らず、世界中で同じことをしてきたわたしたち人間は彼らにとんでもない化け物なのかもしれません。