クマの動物研究

動物事件とアフィリエイトブログを研究中

続・恐怖の夏休み。市街を徘徊するベンガルトラと人間の戦い。

前回の続きです。
cumacuma-cuma.com
神野寺のトラ、現在、全力脱走中。

神野寺から逃げ出した二頭の虎。
一頭は人の手にかかり倒れました。
のこるは一頭。
被害が出る前に人は猛獣をとらえることができるのか?

しかし虎を探しはじめてすでに約一か月。
一か月もの間、トラが行方不明なのです。
ちょっと考えづらいですよね。
市民たちの恐怖はいかばかりだったか。
そしてついにトラが市街地に現れます…。

f:id:cumata-tan:20210217184126j:plain
恐怖に市街が凍りつく


目次

捕食された愛犬

とあるお宅のご主人が、飼い犬の鳴き声をききました。
尋常ではない鳴き方に庭に出てみると、そこに繋がれているはずの愛犬の姿がありません。

ちぎられた鎖と首輪。
地面には犬とは比べものにならない大型獣の足跡。
その後、警察が血痕と犬のものと思われる毛を発見。

人間に飼い慣らされた虎が狩りを覚えた。
野生の本能に目覚めたのです。

この出来事は市民に知らされ、初めて危険を肌身で感じた市民は一段と強い恐怖にさいなやまれた。

次は人が襲われるー。
誰もがそう思ったでしょう。

f:id:cumata-tan:20210217184113j:plain

粟立つ恐怖

飼いならされたトラも山の中でひとたび狩りの喜びを知れば人を襲うのは時間の問題です。

生け捕りか。
射殺か。

二分した世論にゆられていた捜索隊もついに決断しました。反対意見は多いが生け捕りではなく射殺が妥当だと。
警察はとくに射撃の腕が良い警察官達を捜索隊に派遣、武器も通常弾より殺傷力の高い銃弾が投入されました。

対策本部は猟犬・数頭を使って、山狩りを決行。
トラを捕獲する作戦に出たのです。

しかし、犬は使えないのではないかという意見も現代にはあります。何故ならトラやライオンなどのネコ科の動物には汗腺が無いため、体臭がほとんどしないから。
つまり嗅覚に優れた犬でも虎の居場所を特定することはできないということ。
当時はあまり知られておらず、現に虎を見つけたのは人間でした。

捜索選抜隊が山間部を捜索中にオスの虎を発見。
選抜隊により発砲された弾丸は虎の身体に命中し、虎はそのまま息を引き取った。
26日間 に及ぶ大規模な虎脱走事件はこうして幕を閉じたのでした。





f:id:cumata-tan:20210217183954j:plain

事件をふりかえる

いかがでしたか?
なんとも切ないお話です。
人間の都合で見世物にされ、人間がうっかり施錠しなかったために害獣にされ、最期は一方的に撃ち殺された…。

トラ側からすると理不尽ですよね。
何にもしてないのに人間め、って。
すみません、って謝るしかないんですが。

神野寺の住職が社会的制裁を受けたのは言うまでもありませんが、一方で猟友会の方々は気の毒。協力を要請され市民の命と安全を守るために仕事をしたのに悪役扱い。

「虎を殺すなんてひどい!」
確かに虎には可哀そうなことをしました。
しかし猟友会が仕留めずに人間に被害が出ていたら、
「なぜ虎をすぐに殺さなかったのか!」
と世論は糾弾していたでしょう。それが社会です。

「麻酔銃を使って生け捕りにすればよかったんだ!」
そういう意見もありますが、麻酔銃はうちこんですぐに効くわけではありません。意識を失うまでに時間がかかります。
それまでに虎が捜索隊にとびかかれば被害が出る可能性があった。
致し方がなかったのです。


唯一の救いというべきか…。
この事件以降、法律が改正され、虎など猛獣を個人で飼育できなくなりました。日本で禁止されているのにはそういう理由があったんですね。


お読みくださり、ありがとうございました。
にほんブログ村に登録しています。よければ読者登録お願いします。

クマの動物研究 - にほんブログ村