クマの動物研究

動物事件とアフィリエイトブログを研究中

福岡大学ワンゲル部ヒグマ事件がなぜ起きたかを考えて事故防止に生かす

北海道の山中で起きた福岡大学ワンダーフォーゲル同好会の五人と、野生のヒグマが遭遇して起きた不幸な事件。
※当時は同好会だが便宜上ワンゲル部と呼ぶ。

事件の概要は1️⃣と2️⃣でお話しました。
この第3️⃣の記事では事件がなぜ起きたのか、ヒグマの習性を見ながら私たちはどんなことに気をつければいいのかを学んでいきたいと思います。

なお事件についてはこちらにまとめました。
cumacuma-cuma.com
cumacuma-cuma.com


f:id:cumata-tan:20201221203353j:plain

目次

荷物を取り返した


まずヒグマと最初に遭遇した時。
学生たちは荷物を漁っていたヒグマを追い払い、荷物をとり返しました。この行動がヒグマに狙われる原因になったのです。

ヒグマは執念深い生き物。
自分の物を奪われるとそれを取り返そうとする。

もちろん荷物は学生たちの物ですが、ヒグマが手中にした時点で、彼の物になったわけです。

つまりヒグマは自分の物をとられたので何度もテントを襲った。取り返そうとしたのです。
このようにヒグマは非常に自分のエサに強い執着心を持ちます。

ヒグマが優秀すぎた

その後、山をおりようとした5人をヒグマは追いかけます。
灯りがきらめく大都市と違い、山の中。しかも夜です。
懐中電灯もなしに熊は正確に人間達を追跡、つかまえています。

これはヒグマが鼻が効くため。
犬の七倍もの嗅覚があるといわれています。
しかも走るのも速い。最高時速なんと50キロ~60キロ。
5人は簡単に追いつかれてしまったわけです。

f:id:cumata-tan:20201028162845j:plain

ヒグマは犬と同じで逃げる者を追いかける習性があります。
ヒグマ自身にもどうすることもできない、いわば本能であり、たとえエサを食べている際中でもエモノを追いかけます。

ヒグマに遭遇した時は背中を向けない。走らない。
逃げてもつかまります。
あのウサイン・ボルトよりも早いのですから。

では、どうすればいいのか?

ヒグマに出遭ったらこうしよう

向こうがこちらに興味を示していない場合
刺激しないようにそっと立ち去ります。
背中を見せずに後ずさりして。

こちらに近づいてくる場合
人間だと認識していない場合があるので高い所にのぼり、両手を大きくふったり、穏やかに話しかけたりして人間であることを知らせましょう。

クマに人間の言葉が分かるのか?
専門家によらば言葉は分からなくても敵意がないことと、人間だということは分かるそうです。人間だとわかれば、たいていは逃げていくのだとか。

できるだけ熊を刺激しないように。大声で騒いだり石を投げつけるのはやめましょう。
※敵だとみなされたらおしまいです。

複数人の場合はみんな固まって行動を
クマさんも人間は怖いんです、集団ならなおさら。
バラバラになると向こうは襲いやすくなるので一致団結で防衛!

まれに捕食目的で近づいてくる場合もあるのでクマ撃退スプレーを準備しましょう。

いちばんいいのは遭遇しないことですが。
どうしても山に入るなら熊の目撃情報を調べておきましょう。

情報が事故を防ぐ場合もある

九州人の彼らは、こういったヒグマに対する知識が乏しかった。そのためにヒグマから荷物を取り返そうとしたし、ヒグマが立ち去った後も山に留まり続けた。

最初の遭遇で荷物をヒグマに預けてすぐに下山していれば、結果は違っていたかもしれない…。

現に他の大学のパーティはヒグマに襲われた直後に荷物を放棄して下山している。

しかしそれは、たらればの話。

ある記事の最後には「責められるべきは彼らの情報不足ではなく、危険を示す詳細な情報が世に不足していたことだ」と記されていました。

ヒグマの生息地を調べる、地元の情報を事前に集める、遭遇した場合はどう対処するべきか。
そのためには何が必要か。

インターネットがなかった昔と違い、情報にあふれかえった現代ならば、細かくリアルタイムで現地の状況を把握することも可能です。
これからヒグマの住む山に入る予定のある方は、入念な下調べをしてから挑みましょう。



八の沢カールには追悼のプレートがかけられ、そのプレートには追悼の句が記されている。

「高山に眠れる御霊安かれと挽歌も悲し八の沢」

cumacuma-cuma.com